@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キュプラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キュプラ
cuprammonium rayon
アンモニア法によって製造するレーヨンの一種。商品名ベンベルグ。化学処理したコットン・リンターパルプ銅アンモニア溶液に溶解させ,紡糸口金から押出す緊張紡糸法によって繊度の細い糸をつくる。ビスコース法による人絹糸と異なり,断面円形で,スキン層がなく,光沢をもち,無撚糸である。耐久性,特に耐摩耗性はビスコースレーヨンよりもすぐれている。また,この製法は使用薬品の再利用が可能であり,工業的にも合理的な利点を有している。薄地の織物とするほか,トリコット製品にも用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キュプラ(Cupro)
cuprammonium rayonの再生繊維の一。銅アンモニアレーヨン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅぷら【キュプラ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

キュプラ【cupra】
銅アンモニア溶液に溶かしたセルロースを水中に押し出して糸状にした再生繊維。銅アンモニアレーヨン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キュプラ
きゅぷら
cupra
再生セルロース繊維の一つ。銅アンモニア法によってつくられたレーヨンで、銅アンモニアレーヨンともいう。日本では「ベンベルグ」という商品名で市販されている。ワタの実の短繊維であるリンターまたは上質の木材パルプを銅アンモニア溶液に溶解し、これを紡糸液として口金より流水中で約400倍に延伸しながら冷固させて単糸とする(銅アンモニア法)。化学的にはその構造はセルロースである。硫酸銅水溶液にアンモニア水を加えた銅アンモニア溶液では、アンモニア水の働きで水酸化銅が沈殿してくるが、さらに過剰のアンモニア水を加えると水酸化銅テトラアミン(第四アミン)を生成し、セルロースはこれにのみ溶ける。紡糸したあとの流水中から銅とアンモニアを回収することが経済的にも重要であり、イオン交換樹脂などを用いる方法が検討されている。紡糸口金はニッケル製で直径0.8ミリメートルという大きな孔(あな)があけられているが、それで0.5デニール(糸の太さを表示する方法。450メートルで重量0.05グラムの単糸の太さを1デニールという)という細い単繊維がつくられるのは、流水延伸が効果的に用いられているためである。この第一段紡糸でアンモニアの90%、銅の40%が溶出するが、糸の芯(しん)のほうはまだ凝固していないので、第二凝固浴として5%ぐらいの硫酸溶液中を走らせて完全に凝固させる。紡糸された糸は撚(よ)りをかけて撚り糸とし、水洗乾燥して製品とする。
 キュプラは細くて優雅な光沢をもった糸なので、絹に似た感触をもち、主として高級薄物の織物がつくられている。肌着としての風合いがよいので、洋服裏地、高級下着、パジャマなどに用いられている。[垣内 弘]
『宗像英二著『道は歩いた後にある――研究を工業化した体験』(1986・東京化学同人) ▽山中孝・野中郁江著『旭化成・三菱化成――先端技術にかける化学』(1991・大月書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キュプラ
〘名〙 (cupra) 銅アンモニア法による人絹(商標名「ベンベルグ」)の日本工業規格名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

キュプラ
キュプラ
cupra

商品名ベンベルグ.銅アンモニア法による再生セルロース繊維リンターまたは木材パルプを銅アンモニア溶液に溶解し,これを紡糸液として口金より押し出し,流水とともに円すい形の紡糸漏斗中を流下させ,約400倍に延伸したのち,凝固させ糸条とする(流下緊張紡糸法).漏斗内で紡糸液中のセルロース-銅アンモニア錯化合物は加水分解し,銅セルロース錯化合物(青糸)にかわる.青糸はグルコース単位1 mol 当たり約3/4 mol の銅を含む.これは硫酸浴で脱銅され,水洗,仕上,乾燥の工程を経て糸となる.緩慢な凝固と,その過程中に行われる延伸を特徴とする.キュプラは,
(1)きわめて細い単糸繊度(約1.3 d),
(2)断面にスキン,コアーのない均一構造,
(3)比較的重合度が高い(約450~550),
(4)銅,その他の薬品を循環使用できる,
などの特徴がある.優雅な光沢があり,耐摩耗性などビスコースレーヨンより一般にすぐれている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュプラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キュプラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation