@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キュラソー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キュラソー
curaçao
アルコールにオレンジ果皮を漬けて熟成させた甘い混成酒。リキュール酒の一つで,カリブ海キュラソー島で造られたのでこの名がある。などの色をつけ,カクテル用にされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュラソー
Land Curaçao
ベネズエラ北西岸沖約 60kmのカリブ海にある小アンティル諸島の島。オランダ自治領。首都ウィレムスタト。かつてオランダ領アンティルの主島であったが,2010年10月のオランダ領アンティル解体に伴い単独でオランダの自治領となった。サンゴ礁に囲まれた細長い島で,低い丘陵があり,最高点は北西部の 375m。年降水量約 500mmで,乾燥し,植生に乏しい。1527年スペイン人が入植したが,1634年オランダ人が占領。以後 19世紀初頭一時イギリスに占領されたほかはオランダ領。18世紀貿易で繁栄,19世紀にはキュラソー用のオレンジ,医薬品用のアロエの栽培が盛んに行なわれたが,経済は全般に衰退。20世紀に入ってベネズエラの油田開発に伴って石油産業が興り,発展し始めた。1918年アメリカ合衆国資本による大規模な製油所がウィレムスタト郊外で操業開始。1985年これを自治政府が買い上げて運営。石油および石油製品が重要な輸出品となっている。観光業も盛ん。面積 444km2(クライン島の 1.7km2を含む)。人口 14万3000(2011推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キュラソー(〈フランス〉curaçao)
リキュールの一。オレンジの果皮から香気をラム酒ブランデーに浸出した甘い洋酒。カクテルに用いる。キュラソー島のオレンジを用いたのでこの名がある。
カリブ海南部、ベネズエラ沖にあるキュラソー島を領土とするオランダの自治領。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

キュラソー
 リキュールの一種.ビターオレンジの皮で香りをつける.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キュラソー【curaçao[フランス]】
オレンジの香りをもつリキュール。オランダの創製になるもので,かつて同国が領有していた南米ベネズエラ沖のキュラソー(クラサオ)島のオレンジを使ったため,この名がある。現在ではオランダ産以外のものもキュラソーの名で販売されている。本来はビターオレンジの果皮を水に浸漬しんし)し,アルコールを加えて,蒸留,再留して造ったもので,この間,秘密の処方により香草などが加えられたが,いまはラムやブランデーを基酒とするものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

キュラソー【curaçao】
リキュール酒の一種。西インド諸島のキュラソー島特産のオレンジの皮を味つけに用いるのでこの名がある。やや苦みのある、甘い洋酒。酒精分30~40パーセント。色は、無色・褐色・緑色など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

キュラソー【curaçao(フランス)】

スピリッツにオレンジ果皮の風味をつけたリキュール。オレンジ果皮を浸漬したり、果皮とともに蒸留したりして成分を浸出させるほか、香辛料なども用いてつくり出される芳香が特徴。やや苦みのある甘い酒で、食前酒・食後酒などにするほか、カクテルや菓子の材料として用いる。アルコール度数は30~40度。褐色で甘みが強く濃厚なオレンジキュラソーと、これよりは甘みも風味も軽めで無色透明ホワイトキュラソーがあるほか、ホワイトキュラソーに色素を加えてつくるブルーキュラソーレッドキュラソーなどがある。◇1695年、オランダのデカイパー社が西インド諸島のオランダ領キュラソー島産オレンジの乾燥果皮を本国に送り、ブランデーとともに蒸留するリキュールを考案、オレンジの産地にちなみ「キュラソー」の名で販売した。それまでのリキュールは、薬酒をルーツとする薬草・香辛料を用いたものであったが、この酒が果物を用いたリキュールの嚆矢(こうし)となった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キュラソー
きゅらそー
curaaoフランス語
オレンジの香りのするリキュール。南アメリカのベネズエラに近いキュラソー島に産するキュラソーオレンジを原料とするのでこの名がある。現在はスペイン産のセビルオレンジがおもに使われる。
 製法は、スピリッツにオレンジの皮、チョウジ、シナモンなどの香辛料を加え、2日間放置したのち蒸留してキュラソーのエッセンスを採取する。これをブランデーやキルシュワッサーに添加し、砂糖を加えて製品とする。そのほか直接浸出法も行われる。キュラソーはカクテル用に需要が多く、ホワイト、オレンジ、ブルー、グリーン、レッドキュラソーがある。このうち、オレンジキュラソーが一般的で、アルコール分約30%、甘さが強く、褐色をしており、食前酒や食後酒として飲まれる。ホワイトキュラソーはオレンジに比べてやや辛口で、無色、味は淡泊で、ストレートでも飲まれる。トリプルセックはホワイトキュラソーに似ているが、アルコール分が約40%と高い。これらのなかにはフランス産のコアントローなどの有名なものもある。[原 昌道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キュラソー
〘名〙 (curaçao) (オランダ領西インド諸島のキュラソー島で作りはじめたところから) リキュールの一種。オレンジの皮で香りをつけた甘い洋酒。飲料やクリーム、ゼリーなどの味つけにも用いる。無色、赤色、緑色などの種類がある。
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉後「キーラソーの壜、〈略〉菓物の罎詰など」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュラソー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キュラソーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation