@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キュルペ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キュルペ
Külpe, Oswald
[生]1862.8.3. ラトビア,カンダバ
[没]1915.12.30. ミュンヘン
ドイツの心理学者,哲学者。ライプチヒ大学で W.ブントのもとで助手,講師をつとめたあと,ウュルツブルク大学教授。思考,意志などの高等精神作用の実験的研究という新しい分野を開拓した。ウュルツブルク学派の創始者。哲学的立場は批判的実在論実験美学提唱主著心理学講義』 Vorlesungen über Psychologie (1920) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キュルペ【Oswald Külpe】
1862‐1915
ドイツの心理学者,哲学者。1894年ビュルツブルク大学教授となり,高等精神機能とくに思考に関する実験的研究を行った。心像や感覚を伴わない思考(〈無心像思考〉)の存在を明らかにしたり,われわれの行動を一定方向に導く〈決定傾向〉などの要因を研究した。主著には《心理学概論》(1893),《哲学入門》(1895)のほか《美学原論》(1921)などがある。なお,彼の指導下にあったマルベK.Marbe,アッハN.Ach,メッサーA.Messer,ビューラーK.Bühlerらを総称してビュルツブルク学派という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キュルペ
きゅるぺ
Oswald Klpe
(1862―1915)
ドイツの心理学者。ロシア領のカルダウに生まれる。実験心理学者であるW・ブントの弟子で、その助手でもあった。ウュルツブルク大学在職中に心理学実験室をつくり、組織的実験的内観法による思考過程の研究を行い、思考過程のような高等の心的過程は実験室では研究できないと考えたブントに反対して、ウュルツブルク学派をたてた。彼らの研究によって思考過程は大部分が心像のない、非連合的な、方向のある有意味の過程であることがわかった。たとえば、アッハNarziss Kasper Ach(1871―1946)の決定傾向あるいは識態の研究は、実験者の与えた課題の教示によって被験者が意識しないのに、一定の反応傾向が生じることを示した。彼の弟子にはアッハのほかに、メッサーAugust Messer(1867―1937)、ビューラーなどがいる。[宇津木保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

キュルペ
生年月日:1862年8月3日
ドイツの心理学者,哲学者
1915年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュルペ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キュルペの関連情報

関連キーワード

サイゴン条約黒住教官板バタビヤ新聞トルストイボロジン明治維新ロペスワーグナーバールセンブッセ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation