@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キュレネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キュレネ
Kyrēnē
北アフリカのリビア沿岸にあった古代ギリシアの植民市 (→アポイキア ) 。現シャハト。バットス (のちの王) を頭とするテラ人により,前 630年頃植民。歴史家ヘロドトスの記述や碑文史料から食糧不足を原因とする植民と推測される。アルカイック期のギリシア人の植民の事情をうかがわせる好個の一例。前 525年頃アケメネス朝ペルシア従属,その後独立したが,アレクサンドロス3世 (大王) に征服され,前 323年頃からプトレマイオス朝支配下に入った。医学の学校があり,地理学者エラトステネス,哲学者アリスチッポスを生むなど知的活動の中心地として栄えた。前 96年ローマの支配下に入り,繁栄を続けたが,2世紀初め頃ユダヤ人の大反乱が起こってから衰退しはじめ,642年のアラブの征服によって市は廃墟となった。ローマ時代の遺跡があり,1982年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キュレネ(Cyllene)
木星の第48衛星。他の多くの衛星とは逆方向に公転している。2003年に発見。名の由来ギリシャ神話ゼウスの娘。非球形で平均直径は2キロ。キュレーネ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュレネ(Kyrēnē/〈英〉Cyrene)
リビア北東部、キレナイカ地方にある古代ギリシャの都市遺跡。紀元前7世紀、テラ島(現ティラ島)の住民が指導者バットスに率いられて入植アケメネス朝ペルシア、プトレマイオス1世の支配を経てローマの属州となるが、紀元後2世紀のユダヤ人の反乱、7世紀のアラブ人の侵入により廃墟となった。アポロン神殿・ゼウス神殿・デメテル神殿などの遺構がある。1982年「キュレネの古代遺跡」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。2016年、政情不安により危機遺産に登録。キュレーネ。キレネ。英語名セイリーン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キュレネ【Kyrēnē】
アフリカ北岸の古代ギリシア植民市。現在はリビア領に含まれ,ベンガジの北東約200kmに位置し,大規模な発掘が行われた。前7世紀の末,飢饉に襲われたテラ(サントリニ)島住民の一部がバットスBattosを植民指導者としてこの沃地に入植(前4世紀に再録された植民決議の碑文がキュレネのアゴラから出土している),バットス一門の王政は前5世紀半ばまで続いた。その後,プトレマイオス王朝の支配を経て,前74年にローマの属州キレナイカとなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

キュレネ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュレネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キュレネの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation