@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キューポラ

デジタル大辞泉

キューポラ(cupola)
《「キュポラ」とも》
丸天井。円蓋(えんがい)。ドーム。
屋根の上に設けた小塔。
鋳物製造で、銑鉄(せんてつ)を溶かすのに用いる円筒形の直立溶銑(ようせん)炉。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キューポラ
〘名〙 (cupola)
① 半円球形の屋根または天井。ドーム。円蓋(えんがい)。円屋根(まるやね)。半球天井。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉政府の恐露病と日露戦争「高い丸いキュポラは全東京を圧して睥睨するかの如く、駿河台の丘の上に天を摩して屹立してゐた」
② 屋根の上にせり出した小さなドーム。また、屋根の上に設けた小閣。
※旅日記から(1920‐21)〈寺田寅彦〉七「運河会社の円頂塔(キューポラ)は朝日に輝いて居た」
③ 鋳鉄の溶解に用いる炉。外側を鋼板、内側を耐火煉瓦(れんが)で張り、底部に鋳物砂を固めた湯だまりをもつ立て型炉。溶銑炉(ようせんろ)。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キューポラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キューポラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation