@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キリシタン禁制【キリシタンきんせい】

世界大百科事典 第2版

キリシタンきんせい【キリシタン禁制】
キリスト教は1549年(天文18)イエズス会士ザビエルによって初めて日本に伝えられたが,教理に包摂されていた愛の精神やポルトガル,スペイン両国と提携したカトリック諸教団(イエズス会,フランシスコ会,アウグスティヌス会ドミニコ会)の組織的で熱烈かつ巧妙な布教活動によって,同教は戦国争乱の重圧下にあった人々に受容され,教勢は曲折を経て拡大されていった。一方,16世紀後半は,織田信長,豊臣秀吉,徳川家康らの統一権力が相ついで出現した時期で,彼らの武力によって国内の平定は進められ,兵農分離と石高制原理に立脚した集権的封建体制(幕藩体制社会)は形成の途上にあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キリシタン禁制
きりしたんきんせい

江戸幕府の宗教政策。「鎖国(海禁)」の要因の一つで、幕藩権力による重要な民衆統制策でもあり、対外的にも対内的にも近世日本の秩序を根幹で規定した。1549年(天文18)フランシスコ・ザビエルにより日本に伝えられたキリシタンは、16世紀末豊臣政権によって規制が加えられたうえ、17世紀に入って江戸幕府により厳しく弾圧されたため、少なくない殉教者を出した。禁教の理由については、宣教師の背後にあるポルトガル・イスパニアの軍事力、神仏への宣誓で成り立っている秩序の崩壊、死後における神の前の平等という教義、キリシタンを基盤とした地域支配、武装蜂起・一揆の基盤、魔法を操るという怪しげなイメージ、などへの脅威が考えられる。このうちのどれかが禁教理由の本質というのではなく、どれもが近世期を通じて底流で禁教の論理を支えていたと思われるが、宗教を取り巻く近世社会の変容にともなって、キリシタン禁制の内実や禁教の論理の比重も変化していった。幕藩権力にとって、17世紀初期の段階では、ポルトガル・イスパニアの軍事力やキリシタンを基盤とした地域支配に対する脅威が大きな位置を占めていたが、キリシタンを紐帯に百姓が蜂起した島原・天草一揆(1637~1638年、寛永14~15)を経て武装蜂起や一揆の基盤への脅威にその重点が移った。その後、現実の潜伏キリシタンの世俗秩序への埋没にともなう「切支丹」イメージの貧困化によって、18世紀以降「切支丹」と、民間信仰や既存宗派の異端的な宗教活動との混同が進み、怪しげなものは何でも「切支丹」のレッテルを貼って糾弾するような風潮が生み出された。これは徐々に、増幅した怪しげなイメージこそが禁教の論理の中軸になっていったということを意味し、キリシタン禁制の内実は世俗秩序に従順な現実の潜伏キリシタンを取り締まるというよりも、近世秩序から逸脱する異端的宗教活動を規制するという方向へ転換したといえる。潜伏キリシタンが幕末までその信仰を維持できたのは、彼らの強靱な信仰心とともにキリシタン禁制の内実が変化したという背景があり、キリシタン禁制が現実の潜伏キリシタンを規制できなくなっていったからである。実際、18世紀末以降、潜伏キリシタンの存在が問題とされた事件では、「切支丹」とは別の「異宗」「異法」として処理された。ただし、実際にキリシタンだったかどうかは別として、「切支丹」と判断されれば厳罰に処されることには変わりなく、キリシタン禁制の内実が変化したというのはそれが弛んだという意味ではない。キリシタンでない証拠に寺院の檀那であることを求められる宗門改制度を通じて、近世人を拘束し続けたキリシタン禁制は、19世紀に入ると世俗秩序を維持する基軸であり続けることは困難となり、それに代わって明治政府による新たな宗教政策が立ち上がることになった。

[大橋幸泰]

『大橋幸泰著『キリシタン民衆史の研究』(2001・東京堂出版)』『大橋幸泰著「正統・異端・切支丹―近世日本の秩序維持とキリシタン禁制 上・下」(『早稲田大学教育学部 学術研究 地理学・歴史学・社会科学編54・55』所収・2006、2007)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キリシタン禁制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キリシタン禁制の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation