@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キリスト養子説【キリストようしせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キリスト養子説
キリストようしせつ
2つのキリスト異端説。 (1) adoptionism キリストは単なる人間であったが,洗礼の際神より贖罪の使命とその力が与えられ,神の養子となったとする説。 190年頃ビザンチンのテオドトスが唱え,それを継いだサモサタパウルスは 261年のアンチオキア教会会議で断罪された。 (2) adoptianism 8世紀末にトレドの大司教エリパンドスが唱えた説。キリストは神性においては生れながらに神の子であるが,その人性にあっては神の養子にすぎず,諸聖人もその点では変らないとする。ハドリアヌス1世に断罪されたエリパンドスはウルゲルの司教フェリクスの支持を求め,後者ヨークアルクイン論争のはてに,798年ローマ教会会議で破門された。この説は 12世紀に P.アベラールとその追随者に再び取上げられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キリスト養子説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キリスト養子説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation