@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キリマンジャロ国立公園【キリマンジャロこくりつこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キリマンジャロ国立公園
キリマンジャロこくりつこうえん
Kilimanjaro National Park
タンザニアの北東部,キリマンジャロ山を中心とする国立公園。 1973年設定。面積 755km2山腹の密林地帯は変化に富んだ植生を示し,高湿度南部ではクスノキヤマモモなどの下草シダ類生育,乾燥した北部ではオリーブなどが繁茂する。ブルーモンキーヒョウ,ゾウ,クロサイなどがみられ,希少なアボットタイガーも生息する。 1987年世界遺産自然遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キリマンジャロ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【キリマンジャロ国立公園】
Kilimanjaro National Park》タンザニア北東部の火山キリマンジャロ一帯に広がる国立公園。面積約755平方キロメートル。1973年、国立公園に指定。1987年、世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解

キリマンジャロこくりつこうえん【キリマンジャロ国立公園】
1987年に登録された世界遺産(自然遺産)。タンザニア北東部、標高5895mでアフリカ最高峰のキリマンジャロの山域に位置する、面積約753km2の国立公園である。キリマンジャロの最高峰のキボ峰の山頂部には、熱帯にある山にもかかわらず20世紀後期まで巨大な氷河が存在していた。近年は、温暖化によるものか火山活動によるものか定かではないが、規模は減少しつつある。それでも、現在、年間を通じて氷河と雪を見ることができる。この山の山域には標高別に、氷河と雪、火山礫や砂に覆われた荒れ地、ヒースや草原地帯、そして熱帯雨林とさまざまな自然環境があり、アフリカゾウ、アフリカスイギュウ、シロサイ、ヒョウ、クロシロコロブス、トムソンガゼルのほか、クリイロタイガー、ヒゲワシ、ノドグロキバラテリムクドリなどの動物が生息している。◇英名はKilimanjaro National Park

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キリマンジャロ国立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キリマンジャロ国立公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation