@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キログラム原器【キログラムげんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キログラム原器
キログラムげんき
prototype kilogram
かつてメートル法質量の単位キログラムを定義するために使用された人工基準器。1799年にフランスの科学アカデミーがメートル法創設作業の成果として作製した最初のキログラム原器は,最大密度の水 1dm3と同じ質量の白金製の分銅であった。この原器はアルシーブ(記録保存所)に保管され,アルシーブ原器と呼ばれた。1875年メートル条約の成立に伴って新しい原器がつくられることになった。当時すでにアルシーブ原器が 1dm3の水の質量より 27mg程度も大きいことが知られていたが,この原器から出発することに決められた。1879年白金-イリジウム合金製の新しい分銅 K1,K2,K3がつくられ,そのなかで質量がアルシーブ原器に最も近い K3が国際キログラム原器に指定された。これを 1kgとして 1885年に 40個の原器がつくられた。1889年,第1回国際度量衡総会(→国際度量衡委員会)で,国際キログラム原器およびほかの原器が承認された。国際キログラム原器は円柱形の分銅で,フランスのパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された。白金-イリジウム合金は酸化などの化学変化や摩滅などの物理作用に耐える材質として選ばれた。円柱は表面積が最小になるように高さと直径がともに約 39mmで,上下のかどが少しすり落されている。K1,K2および 40個のうちのいくつかは証器として原器とともに国際度量衡局に保管され,ほかはメートル条約加盟国に配布されて各国原器とされた。日本国キログラム原器は No.6と呼ばれ,産業技術総合研究所計量標準総合センターに保管されている。2018年,第26回国際度量衡総会においてキログラムの定義が国際キログラム原器からプランク定数に基づくものに変更されることが決まり,2019年にキログラム原器は単位の定義から切り離された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キログラム‐げんき【キログラム原器】
1キログラムの質量を示す標準器として用いられた分銅。白金90パーセント、イリジウム10パーセントの合金製の直径・高さとも約39ミリメートルの円柱体。国際度量衡局が保管する。条約加盟各国にはこれと同じ構造の複製が配られ、日本では産業技術総合研究所が保管。国際キログラム原器。→キログラム国際原器
[補説]第1回国際度量衡総会で1889年に承認されたが、摩耗や汚れなどで質量変化を起こすという問題があった。そのため、2019年5月20日より、キログラムはプランク定数を用いた定義に変更され、原器に基づく定義は廃止された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キログラムげんき【キログラム原器 Prototype Kilogramme】
メートル法の質量の単位キログラムの大きさを示す標準器。メートル法を国際的な度量衡単位系にするために,1872年の国際メートル委員会の決議に基づいて80年に製作され,89年の第1回国際度量衡総会で質量の国際原器として承認された。その質量が厳密に1キログラムである。10%のイリジウムを含む白金イリジウム合金で作られた直径と高さがほぼ等しく約39mmの円柱型の分銅で,上下の周縁部がわずかに丸められており,記号はつけられていない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

キログラムげんき【キログラム原器】
メートル条約により、その質量を1キログラムと定義されている原器。高さ・直径とも39ミリメートルの円柱形の白金・イリジウム合金で、パリの国際度量衡局に保管されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キログラム原器
きろぐらむげんき
メートル法の基本単位である1キログラムの質量を現示する最高の標準器。パリの国際度量衡局に保管されているものを国際キログラム原器といい、この質量が1キログラムと約束されている。これは、1875年のメートル条約成立によってつくられた原器のなかから選定されたもので、1889年の第1回国際度量衡総会で決定された。直径と高さがそれぞれ39ミリメートルの円柱形分銅で、材質は白金90%、イリジウム10%の合金である。国際キログラム原器と同形同材質のものが、メートル条約加盟国その他に配られていて、国際原器との器差を補正して用いている。これらの原器は定期的に国際度量衡局で国際原器との比較が行われる。
 日本の原器は6という番号のもので、当初は国際原器より0.170ミリグラムだけ大きかった。産業技術総合研究所の計量標準総合センターに保管されている。
 現在は国際単位系(SI)の七つの基本単位のうち、キログラムのみが人工物により定義されている。しかしながら、最近の計測技術の進歩をとり入れれば、ほとんどの基本単位を、プランク定数、アボガドロ定数、ボルツマン定数などの基礎物理定数をもとに定義することの可能性が議論されてきた。そして、2011年の第24回国際度量衡総会において、その方向性が審議・決議された。それによれば、キログラムは、プランク定数をもとに定義する方向で各国の計量標準研究所が精密な実験を進めるように要請された。これに基づき、2014年の第25回国際度量衡総会においても、引き続きSIの基本単位の定義の変更の方向性が議論されたが、キログラムを含む定義の変更の決定は次の2018年の第26回国際度量衡総会以降に持ち越された。定義が変更されても、基礎物理定数を各国が測定することは合理的ではなく、実際のキログラムの国際計量標準は、白金・イリジウム製、ステンレス鋼製、石英製などの複数の標準器群により群管理することが考えられており、現在の優れたてんびんの技術は維持されるであろう。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キログラム‐げんき【キログラム原器】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キログラム原器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キログラム原器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation