@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キロス(2世)【きろす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

キロス(2世)
きろす
Kyros Ⅱ
(?―前529)

古代ペルシアのアケメネス朝7代目の王(在位前559~前529)。初めはメディア王国に服属する南西部イランの一小王朝の王にすぎなかったが、紀元前550年メディア王アステュアゲスを倒して一大帝国を築いた。その後、二大政治目標(地中海沿岸の領有と東方辺境の防衛)を掲げ、東はヤクサルテス川から、西はバビロン、小アジアまでを版図に収め、自ら「大王」と称した。しかし、遊牧民マッサゲタイ人討伐の東方遠征中に戦死した。バビロンを陥落させたとき、幽囚されていたユダヤ人を解放するなど、被征服民族に対して寛大であったことから、後世には古代帝王の鏡として高い名声を得、その生涯はかなり伝説化された。

[森 茂男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

キロス(2世)

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キロス(2世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キロス(2世)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation