@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キングストン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キングストン
Kingston, William Henry Giles
[生]1814
[没]1880
イギリスの児童文学者。ポルトガル育ち出世作『捕鯨少年ピーター』 Peter the Whaler (1851) 以後 30年間に 130編をこえる少年冒険小説を書いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キングストン
Kingston
アメリカ合衆国,ニューヨーク州南部にある都市ニューヨーク市の北 145kmに位置する。ハドソン川沿岸の最初の白人植民地の一つで毛皮交易所があった。 1658年オランダ人により建設され,69年イギリス人により引継がれキングストンと命名。 1777年最初の州議会が開かれ,最初の州都となった。 1828年デラウェア=ハドソン運河の開通後,急速に発展。運河はペンシルバニアからニューヨークの市場への,石炭などの多くの原材料輸送に利用された。小型造船,石材採取,セメント製品などが初期の産業であった。現在はコンピュータの製造が行われ,リンゴ鶏肉,きのこの生産で有名。一年を通じての保養地でもある。古いオランダ教会,議会場などがある。人口2万 3095 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キングストン
Kingston
アメリカ合衆国,ペンシルバニア州東部にある町。サスケハナ川の北部支流の河畔,ウィルクスバレ対岸に位置する。 1769年コネティカット州やニューイングランドからの開拓者が入植。 1950年までは無煙炭の採掘場であったが,現在ではウィルクスバレの住宅地区となり,鉄道の修理工場,食品加工,絹織物の工場が建設されて発展。人口1万 4507 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キングストン
Kingston
カナダ,オンタリオ州東部の都市。オンタリオ湖北東岸,セントローレンス川への出口に位置する。1月の平均気温-8℃,7月の平均気温 21℃,年平均降水量 800mmで気候温和。もとカタラキと呼ばれるインディアン集落であったが,1673年ニューフランスの総督フロントナクが創設。 1758年イギリス人に破壊されるまで毛皮取引と防衛の重要な拠点であった。 83年ロイヤリスト (王党派) が居住し,キングストンと名づけた。その後オンタリオ湖内の重要な海軍基地となった。 1841~44年までは,アッパーカナダローアーカナダの連合州の州都。湾施設に内港・外港,穀物エレベータ,造船所,サルベージ施設,乾ドックなどがある。アルミナ,ディーゼル機関車,エンジン,鉱業機器,合成ゴム,繊維,蓄電池,皮製品,陶磁器が主要工業。軍関係の高等教育機関も多い。石灰岩の建物が多く,クイーンズ大学 (1841) ,セントジョージ聖堂,セントマリー聖堂はその代表。人口 12万3363(2011)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キングストン
Kingston
西インド諸島西部,ジャマイカ首都。ジャマイカ島南東岸,カリブ海に面する港湾都市で,背後山地に守られ,港は細長いパリサドエス半島に囲まれ,天然の良港として知られる。 1692年建設され,商業中心地として発展,1872年イギリス領ジャマイカの首都となり,1962年の独立とともにジャマイカの首都となった。第2次世界大戦後工業が発展し,食品加工,縫製製靴石油精製などの工業がある。市街はしばしば大火地震で大破したが,17世紀の聖トマス聖堂,ロックフォート要塞,18世紀の政庁舎など古い建築物も保存されている。また教育・文化中心地として,イギリス連邦に属する西インド諸島各国からの学生を集める西インド諸島大学が近郊のモナにあり,図書館,博物館,美術館などをもつジャマイカ研究所などがある。保養・観光施設も完備し,訪れる人が多い。鉄道の起点で,近郊に国際空港がある。人口 9万6052(2001)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キングストン(Kingston)
西インド諸島、ジャマイカの首都。カリブ海に臨む。港湾都市。コーヒー・ココナツやボーキサイトなどの積み出し港。人口、行政区58万(2001)。
カナダ、オンタリオ州南東部の都市。オンタリオ湖北東岸に面する。水上交通の要衝として発展。19世紀に建造された英国の要塞フォートヘンリーやセントローレンス川の多島域サウンザンドアイランズへの観光拠点でもある。人口、都市圏16万(2008)。
南太平洋、ニュージーランドとニューカレドニアの間にあるノーフォーク島の行政中心地。1788年にシドニーと同時に流刑植民地として入植が始まり、1856年にピトケアン諸島からバウンティ号の反乱者の子孫が移住した。刑務所や囚人の住居など、流刑地時代の建物が残る。
キングストン‐アポン‐テムズ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

キングストン
ビルケンシュトックが販売するサンダル。同社のブランド「パピリオ」の製品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キングストン【Kingston】
ジャマイカの首都。人口10万3962(1991),首都圏人口69万7000(1994)。天然の良港を擁する。1692年に建設され,1872年に同島の首都となった。1907年の大地震では大きな被害があった。旧イギリス領植民地では最大の都市であり,近代的な医療施設を持つ総合大学西インド大学があって,西インド諸島の文化の中心地でもある。パイセードズ半島の突端に位置し,キングストンの対岸にあたるポート・ローヤルは,ジャマイカでは最古のイギリス人居留地。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

キングストン【William Henry Giles Kingston】
1814‐80
イギリスの小説家。処女作《サーカシアの族長》(1844)や,青年時代を過ごしたことのあるポルトガルの旅行記などを書いたが,《鯨取りピーター》(1857)以後130編以上の少年小説を発表して名声を上げた。フランスのジュール・ベルヌの作品の翻訳もある。本職の船員に劣らぬ知識と実技の持主で,それを生かした《三人の士官候補生》(1873)などもある。【小池

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

キングストン
(Kingston)
[一] 西インド諸島、ジャマイカの首都。貿易港、国際空港があり、保養地としても有名。一六九二年建設され、かつてイギリス海賊船の拠点であった。のちサトウキビ栽培の中心地として発展。数回の震災をうけた。
[二] アメリカ合衆国、ニューヨーク州の都市。ハドソン川西岸に位置し、避暑地として知られる。
[三] カナダ南東部、オンタリオ湖北東岸の港湾都市。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キングストン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キングストンの関連情報

関連キーワード

ナポレオン戦争史(年表)ブルボン朝フランス史(年表)紙幣整理葛飾北斎ロダンブラウン地獄の門明治維新オーストラリア・ニュージーランド文学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation