@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キンコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キンコ
Cucumaria japonica
棘皮動物門ナマコ綱樹手目キンコ科の海産動物。一名フジコ食用体長 15~20cm。体は太った芋虫形で,体色は灰褐色ないし暗褐色,ときに黄白色。口部に同形同大の 10本の触手をもつ。他のナマコ類と異なり,幼生はドリオラリア型をとり,アウリクラリア型をもたない。東北地方から北海道,千島列島に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キンコ【Cucumaria japonica】
ナマコ綱キンコ科の棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。生殖腺が黄色いのを砂金を食べて腸に金を含んでいるとしてこの名がある。またフジの花の色をしているところからフジコとも呼ばれる。茨城県以北から北海道沿岸の浅海にすむ。体は長さ15~20cmの楕円形で,背面は平たいが,腹面は強く湾曲する。体には褐色の大きい斑紋があるが,個体によって濃淡変異がある。前端の口の周囲には細かく枝分れした10個の触手がある。管足は各歩帯に2列に並ぶが,背側には少なく,間歩帯にも散在している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キンコ
きんこ / 金海鼠
[学] Cucumaria frondosa japonica

棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱キンコ科に属する海産動物。東北地方と北海道の沿岸に産し、体形がずんぐりして太く、背腹の区別がはっきりしないナマコ。フジコともよばれる。体長20センチメートル近くになる。体色はさまざまで、灰褐色のものが多いが、暗褐色、濃紫色、黄白色のものもある。口の周りの触手は10本あり、網の目のように枝分れしている。砂金の名産地である宮城県金華山の産として古くから知られ、また生殖巣が美しい黄金色をしていることから、砂金を食べるとか、金の精気から生じたという言い伝えが生じてキンコとよばれるようになった。

[重井陸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キンコの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation