@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キンバリー岩【キンバリーがん】

岩石学辞典

キンバリー岩
斑状で,K, H2O, CO2に富む角礫化した黒雲母橄欖(かんらん)岩で,多少蛇紋岩化作用および炭酸塩化作用を受けている.変質した橄欖石,ブロンツァイト,クロム透輝石,金雲母などからなり,クロム─チタン鉄鉱,ペロブスカイトなどを伴う.パイロープ石榴石やジェダイトなど高圧鉱物が特徴的に含まれる超塩基性岩や塩基性岩をノヂュルとして含んでおり,ダイヤモンドが含まれることがある.岩脈,岩床,パイプなどの形で,角礫岩,凝灰岩や塊状岩として産出する[Dawson : 1967].塊状のキンバライトはワグナーが玄武岩質と雲母質に区分した.玄武岩質型の平均分析値ではK2Oは非常に少ない[Wagner : 1914].ルイスが最初に南アフリカ,キンバリー(kimberley)地方のダイアトリーム(diatreme)や岩脈の含ダイヤモンド黒雲母角閃岩をキンバライトと命名した[Lewis : 1887].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キンバリー‐がん【キンバリー岩】
〘名〙 斑状火成岩の一種で、角礫(かくれき)状のもの。橄欖(かんらん)岩のノジュールを含むパイプ状の貫入岩体をなす。南アフリカのキンバリー地方に産するダイヤモンドの母岩をもとに命名。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キンバリー‐がん【キンバリー岩】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンバリー岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キンバリー岩の関連情報

関連キーワード

アクア錯塩二酸化炭素濃度の増加地球温暖化酸化物カーボンプライシングアクアイオン二酸化炭素固定アルカリ蓄電池二酸化炭素酸性酸化物

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation