@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キンメイチク【きんめいちく】

世界大百科事典 第2版

きんめいちく【キンメイチク】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キンメイチク
きんめいちく / 金明竹
[学]Phyllostachys sulphurea (Carr.) A. et C.Rivire、Phyllostachys bambusoides Sieb. et Zucc. cv. Castillonis
イネ科(APG分類:イネ科)のタケ・ササ類。マダケの突然変異によってできた変種。稈(かん)と枝が黄金(こがね)色で、芽(枝)のある側に縦の緑色の幅広い線があり、黄金色と緑色が節ごとに交互に下から上まで連なり美しい。葉に黄または白色の縦縞(たてじま)のあるものがある。昔から珍しい竹として知られ、園芸の古書にも図解されている。全国の5か所で天然記念物に指定されている。しかし、そのうちの群馬県渋川市赤城町津久田(あかぎまちつくだ)のものはキンメイチクとは異なり、緑色と黄金色が節ごとに交互に連なるギンメイチクである。[鈴木貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンメイチク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キンメイチクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation