@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キール運河【キールうんが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キール運河
キールうんが
Kiel Canal
ドイツ北部,シュレースウィヒホルシュタイン州を横断して北海バルト海を結ぶ人工水路。全長 98.7km,幅 103m,深さ 11.3m。 1887~95年に建設され,1907~14年に拡張された。主として戦略上の目的から開設されたドイツの国内水路であったが,2つの公海を結ぶ通商の要路としてドイツが一方的に外国船に開放してきた。第1次世界大戦後ベルサイユ条約によって国際化され,ドイツと平和関係にあるすべての国の商船軍艦に平等に開放された。 36年 11月 14日ドイツは前記条約規定の一方的廃棄を通告した。第2次世界大戦後,ドイツを占領した連合国はドイツの廃棄通告に対し公式の見解を表明しておらず,運河が今日も正式な国際運河地位にあるかどうかは明らかではない。現実にはドイツによってすべての国の船舶に対して開放されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きーるうんが【キール運河】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

キール‐うんが【キール運河】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キール運河
きーるうんが

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キール‐うんが【キール運河】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キール運河」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キール運河の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation