@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キール
Keill, John
[生]1671.12.1. エディンバラ
[没]1721.8.31. オックスフォード
イギリスの物理学者,数学者。エディンバラ大学でデービッド・グレゴリーのもとに学び,その後,師とともにオックスフォードに移る。1700年にロイヤル・ソサエティ会員となり,1712年にオックスフォード大学天文学教授。アイザック・ニュートンの物理学をいちはやく受容し,その初期の発展・普及に貢献した。1708年にはニュートンの万有引力概念を物質微粒子に応用し,物質作用の理論を展開。主著『自然学入門(真の物理学および真の天文学に対する入門書)』Introductiones ad veram Physicam et veram Astronomiam(1701)は,ニュートン理論に立つ優れた教科書として,18世紀末まで用いられた。また同書のオランダ語版は,鎖国下の日本に持ち込まれ,通詞だった志筑忠雄訳述を試み,『暦象新書』を著した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キール
Kiel
ドイツ北部,シュレースウィヒホルシュタイン州州都北海バルト海運河 (キール運河) のバルト海側の入口にあたる重要港湾都市。バルト海西部のキール・フィヨルドの湾奥に 10世紀初め成立。 1284年ハンザ同盟に加わり,商港として発展。 1721~73年ホルシュタインゴットルプ領の首都,以後デンマーク領,1866年プロシア領に編入され,71年軍港となって以来急速に発展。第1次および第2次世界大戦中は,ドイツ海軍最大の軍港となった。そのため爆撃により市街の3分の1以上を焼失したが,戦後は行政,学問,文化の町,商港として復興。工業には造船機械,水産加工,印刷などがあり,石炭木材石油,機械の取引が盛ん。聖ニコラス聖堂 (1240頃建設) とその前の広場が旧市の中心であるが,いまは小キール湖公園近くに市庁舎や市立劇場,キール大学が集り,戦後の中心街が整備され,海岸沿いに遊歩道が設けられるなど,市街は面目を一新している。毎年6月の「キール週間」には,国際的なヨットレースや文化祭が行われる。人口 23万8281(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キール
keel
船の竜骨船体の中心線に沿って船底船首から船尾まで貫通する部材縦強度を分担し,人体背骨に相当する。平板キール方形キール,箱形キールなどの種類がある。最も多く用いられる平板キールは,船底外板より厚い鋼板で,中心線桁板,中心線内底板と組合わさってガーダ (縦桁) を形づくる。大型船に使われて,十分な縦強度を発揮する。この中心線桁板を左右2枚に分け,中央を箱形の管通路としたものを箱形キールという。また方形キールは鍛鋼材または厚鋼板で造り,断面長方形棒状で,船底に突出して喫水を増す。構造が簡単で堅固横揺れを軽減させるので小型船に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キール(keel)
船の竜骨(りゅうこつ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キール(Kiel)
ドイツ北部、バルト海に面する港湾都市。シュレースウィヒホルシュタイン州の州都。北海に至るキール運河が通じる。造船・機械・電子機器などの工業も盛ん。中世以来ハンザ都市として繁栄。旧軍港で、1918年に起こった反乱ドイツ革命口火を切った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キール(〈フランス〉kir)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キール【Kiel】
ドイツ北部,シュレスウィヒ・ホルシュタイン州の州都。人口24万7000(1995)。ユトランド半島のバルト海側のつけ根に位置し,湾口水深40mのキール湾に面し,北海とバルト海を結ぶキール運河も有する港湾都市であり,造船業を中心とする工業・商業都市でもある。地理上の有利さから早くから商業都市として発展,1242年に都市権を得,84年にはハンザ同盟の一員となった。1665年にはキール大学も創立された。この間さまざまな公・伯の居地となったが,1773年デンマーク王国に編入,1866年にはプロイセン領となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

キール【keel】
船底の船体中心線位置において船首から船尾まで縦通し,船首材,船尾材と結合される部材。船体の背骨に相当するもので竜骨とも呼ばれる。船体構成上の基本部材であるとともに縦強度を支持する構造部材の一つである。キールには方形キールbar keelと平板キールflat plate keelがある。方形キールは船底から突き出た長方形断面の部材であり,構造が簡単で,海底接触の場合に船底を保護し,さらに横揺れを減らし,横流れを防ぐ効果があるので,木船,強化プラスチック船などの小型船に使用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飲み物がわかる辞典

キール【Kir】

カクテルの一種。ワイングラスに白ワイン、クレーム・ド・カシスを注ぎステアする。ショートドリンク。1945年、フランスのブルゴーニュ地方、ディジョンの市長キャノン・フェリックス・キールが考案したレシピ。同市特産のブルゴーニュ・アリゴテという白ワインの宣伝のためのレセプションで食前酒としてふるまわれたのが始まり。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キール
〘名〙 (keel) (船の)龍骨(りゅうこつ)
※十五少年(1896)〈森田思軒訳〉三「船はいたく龍骨(キール)を破損され」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キール
〘名〙 (kir) 辛口の白ワインに、クレーム‐ド‐カシスを混ぜ合わせたカクテル。多く食前酒とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キール
(Kiel) ドイツ北部、ユトランド半島の基部、キール湾の湾奥にある都市。キール運河のバルト海側の入口にあたり、第二次世界大戦末までドイツ海軍の基地がおかれた。一二八四年、ハンザ同盟に参加し、商業都市として発展。一九一八年、水兵の反乱が起こり、ドイツ革命の導火線となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

キール
Kiel
ドイツ北部にある港湾都市。シュレスヴィヒ−ホルシュタイン州の州都
1242年自治権を獲得し,84年ハンザ同盟に加入,商業の中心地として繁栄。18世紀にデンマーク領に,1866年にプロイセン領となった。北海とバルト海を結ぶキール運河の基点であり,海軍上の要地であった。1918年10月,キール軍港の水兵の反乱に始まるドイツ革命の発火点となった。第二次世界大戦中連合軍の爆撃にあい,甚大な被害を受けた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集

キール
フィンのブレードの両サイドの固い部分。(=サイドリブ)

出典:ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キールの関連情報

関連キーワード

伊達騒動ピュジェミルトンカンプハイスブロンデルカッシーニガルダン(噶爾丹)ミルトンアルビノーニイアペトゥス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation