@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キーロフ暗殺事件【キーロフあんさつじけん】

世界大百科事典 第2版

キーロフあんさつじけん【キーロフ暗殺事件】
ソビエト共産党政治局員,書記局員で,レニングラードの党組織の第一書記でもあったS.M.キーロフが,1934年12月にスモーリヌイで射殺された事件。1930年代後半の大粛清の直接の契機となったことで知られる。キーロフは新反対派のジノビエフに代わって,1925年末以後レニングラードの指導者に抜擢された,党主流派に忠実な党官僚であった。そして20年代末からの集団化以後深刻化した32‐33年の農業・政治危機のなかで,彼は穏健な方針を有する指導者であると信じられ,34年の第17回党大会においてはスターリン書記長に代わりうる政治指導者に擬せられていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キーロフ暗殺事件
きーろふあんさつじけん

1934年12月1日、ソ連共産党政治局員兼書記でレニングラード州委員会第一書記のキーロフが、レニングラード(現サンクト・ペテルブルグ)の党本部内でニコラーエフという青年に射殺された事件。これは、ジノビエフ反対派によるテロ行為であると発表され、すでに政治的影響力を失っていたジノビエフ、カーメネフら旧ジノビエフ反対派の指導者の逮捕に始まるスターリンの「大粛清」のきっかけとされた。現在、これがでっちあげであることは明らかだとされているが、この事件の背景については不明の点が多い。殺害者を含め、事件の関係者はすべてその後抹殺されている。フルシチョフは1956年の「秘密報告」のなかで、背後にスターリンの意志があったことをほのめかしている。キーロフはもともとスターリン派として、1926年、ジノビエフ派の影響下にあったレニングラード党組織を引き継いだ。しかし、「勝利者の大会」とよばれ、スターリン個人への賛辞が大きかった34年初めの第17回党大会の裏面では、スターリンの権力の制限を目ざし、より穏健な路線をとるキーロフを擁立する強力な動きがあったとされている。この事件はスターリンの地位をさらに強化したといえる。

[藤本和貴夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キーロフ暗殺事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キーロフ暗殺事件の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation