@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ギボン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ギボン
Gibbon, Edward
[生]1737.5.8. サリー,パトニー
[没]1794.1.16. ロンドン
イギリスの歴史家。オックスフォード大学に学び,一時カトリックに改宗,スイスのローザンヌで暮した。 1763年パリに旅行し,ディドロ,ダランベールらと知合う。 64年イタリア旅行中ローマのカピトルの遺跡を見てローマ史執筆の構想を得た。全6巻の大著『ローマ帝国衰亡史』 The History of the Decline and Fall of the Roman Empire (1776~88) は,2世紀から 1453年のコンスタンチノープル陥落までを格調高い文章で通観した代表的歴史書として知られる。自伝『わが生涯と著作の思い出』 Memoirs of My Life and Writings (96) も有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギボン
テナガザル」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ギボン(Edward Gibbon)
[1737~1794]英国の歴史家。ローマ史を研究、「ローマ帝国衰亡史」を著した。他に「自叙伝」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギボン(gibbon)
手長猿(てながざる)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ギボン【Edward Gibbon】
1737‐94
イギリスの歴史家。サリー州パトニーに生まれる。幼少年時代病弱で通学も満足にできず,読書にふける。1752年16歳になると健康も回復し,オックスフォード大学に入ったが,ローマ・カトリックに転向したため,郷紳で下院議員の父の不興をうけ,翌年スイスローザンヌのカルバン派牧師のもとに預けられ,5年間信仰と勉学の指導をうけたが,それが学識を習得する基礎となった。クラッシールの牧師の娘スザンヌ・クルショーとの恋愛は父の反対で阻まれ,一生独身で終わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぎぼん【ギボン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ギボン【gibbon】
手長猿てながざるのこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギボン【Edward Gibbon】
1737~1794 イギリスの歴史家。「ローマ帝国衰亡史」(六巻)を著述し、ローマ衰亡の原因を考察した。他に「自叙伝」がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ギボン
(Edward Gibbon エドワード━) イギリスの歴史家。一七六三~六五年にヨーロッパ各地を遊歴し、その間ローマ史の著述、構想をまとめた。「ローマ帝国衰亡史」六巻は、トラヤヌス帝治下から東ローマ帝国滅亡までの一三〇〇余年を論述した古典的名著。他に「自叙伝」。(一七三七‐九四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギボン
〘名〙 (gibbon) =てながざる(手長猿)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ギボン
Edward Gibbon
1737〜94
イギリスの歴史家
五賢帝時代からコンスタンティノープルの陥落までを扱った『ローマ帝国衰亡史』6巻(1776〜88)を著した。彼はその中でローマ衰退の原因を,ゲルマンとキリスト教に帰している。ほかに『自叙伝』がある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギボン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギボンの関連情報

関連キーワード

ダルジャンスジャン・ガストネゲッティンゲン小金井桜地方創生有賀長伯ガルバーニ関羽クセルクセス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation