@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ギャップ

デジタル大辞泉

ギャップ(gap)
すきま。間隙(かんげき)。
大きなずれ。懸隔。食い違い。「世代間のギャップを感じる」
登山用語。稜線がV字形に深く切れこんでいる所。きれっと。
スキーで、斜面上の凹凸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ギャップ【gap】
すき間。間隙かんげき
考え方や意見などの隔たり、また食い違い。 -を埋める

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ギャップ
〘名〙 (gap)
① 物と物との間のわずかなすきま。隔たり。溝。〔外来語辞典(1914)〕
※いつか汽笛を鳴らして(1972)〈畑山博〉三「一ミリのギャップまでいいって図面に指定してあるんだから、そのくらいでいいんじゃないですか」
② 感情、意見、能力などの隔たり。落差。好ましくないもの、という気持で使われる。ひらき。
※妻(1908‐09)〈田山花袋〉四五「其時分の心持と今の心持に比(くら)べて見ると、天と地と墨と雪との相違があるが、それが別段ギャップを為(な)して居るのではなく」
※党生活者(1933)〈小林多喜二〉二「工場の労働者がドンドン出征して行った。そして他方では軍需品製造の仕事が急激に高まった。このギャップを埋めるために」
③ 登山用語。山稜中のV字形に深く切れ込んだ箇所。きりと。きれっと。〔登山技術(1939)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギャップ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギャップの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation