@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ギュルビッチ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ギュルビッチ
Gurvitch, Georges
[生]1894.11.2. ノボロシースク
[没]1965.12.9. パリ
ロシア生れのフランスの社会学者。ロシア革命に際し祖国での教職を捨て,プラハを経て 1924年パリに定住。 48年パリ大学教授。個人意識と集団意識が共存しているわれわれというあり方から出発して,「交わり」の形態分析を核とする微視社会学と集団類型や全体社会を扱う巨視社会学を区別した。特に社会的現実を深さの諸位属において分析することを主張した「深さの社会学」は有名。主著『社会学の現代的課題』 La vocation actuelle de la sociologie (1950) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ギュルビッチ【Georges Gurvitch】
1894‐1965
フランスの社会学者。現象学的傾向のつよい独自の社会学の一般的体系化をおこなった。ロシアに生まれ,ペトログラード(現,サンクト・ペテルブルグ)大学助教授となったが,1920年代にフランスに亡命。第2次大戦後パリ大学(ソルボンヌ)教授として活躍し,大きな影響力をもった。社会的現実を〈深さ〉の諸相において考察する深層社会学をうちたて,これに微視から巨視におよぶ多元的な集団形態論を組み合わせて,社会学の体系化をおこなう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ギュルビッチ
ぎゅるびっち
Georges Gurvitch
(1894―1965)
フランスの社会学者。ロシアに生まれ、ペテルブルグ大学卒業後、1919年同大学助教授となる。この間ロシア革命を体験し、1921年にソ連を去り、プラハ大学を経て、1925年フランスに渡り、パリ大学スラブ研究所講師に就任。1928年帰化すると同時にパリ大学文学部講師となり、さらにボルドー、ストラスブール各大学教授を経て、第二次世界大戦中アメリカに亡命。1943年までNew School for Social Researchで教え、ハーバード大学などにも招かれる。戦後、パリ大学に戻り、教授として社会学を担当し、あわせて高等研究院第六部の研究主任となり、『国際社会学手帖(てちょう)』の編集をはじめ、戦後フランス社会学の再生に貢献するとともに国際的にも活躍する。
 初め哲学者として出発するが、プルードンやマルクスの研究を進め、法哲学、社会哲学を経て社会学の研究に至る。1938年の『社会学試論』によってデュルケーム社会学を批判し、「深さの社会学」の提唱によって社会的現実の総体的かつ動的分析の理論化を図った。『社会学の現代的課題』(1950)において、微視的社会学、集団の差異類型学、巨視的社会学から構成される一般社会学の体系を提示して、古い社会学からの脱皮を図った。それは、現象学や弁証法を背景として、弁証法的超経験主義と相対主義的多元主義の立場をとる。[田原音和]
『寿里茂訳『社会学の現代的課題』(1970・青木書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギュルビッチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギュルビッチの関連情報

関連キーワード

日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門日清戦争リーケの原理日清戦争国際オリンピック委員会ロシア映画オストワルトアレクサンドル露仏同盟

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation