@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ギリシア建築【ギリシアけんちく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ギリシア建築
ギリシアけんちく
Greek architecture
ギリシアでは公共建築は発達したが,個人の住宅は簡単なものであった。通例,各都市のアゴラには議事堂,裁判所などのほか,ストア,市場,神域などが集り,神域には神殿を中心に宝庫,劇場,スタディオンなどが配置されていた。ギリシア建築の中心は神殿であり,その歴史も神殿形式の発展の歴史といえる。最も古いものとしては,ミケーネメガロンにその形式をとったものがあり,前7世紀に入って急速に発達し,前6世紀になるとドーリス,イオニア両様式が確立された。神殿の平面は東西に長い長方形で,東面を入口とし,周式の柱の数は正・背面 (東・西面) が6に対して側面 (南・北面) 13,あるいは8に対して 17とするのが標準。立面は垂直円柱と壁が水平のと切妻屋根を支える楣式構造であり,これは神殿が本来木造であったことを示すものである。切妻屋根によって生じる正背面の三角形の破風は,最初は絵画や浮彫,のちには丸彫の群像彫刻で飾られた。ギリシア建築は絵画,彫刻とともに古典期に最盛期に達し,やがてイオニア様式のバリエーションとしてコリント様式も生み出された。また神殿にはトロスと呼ばれる円形平面のものもあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギリシア建築」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギリシア建築の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation