@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ギリシャ悲劇【ぎりしゃひげき】

知恵蔵

ギリシャ悲劇
ヨーロッパ最古の演劇で、紀元前6世紀、古代ギリシャの都市国家アテナイ(現在のアテネ)で始まった。当時、悲劇の上演はアテナイの国家行事として日中、野外劇場で行われた。3大悲劇詩人と呼ばれるのは、「アガメムノン」など「オレステイア」3部作で知られるアイスキュロス、「オイディプス王」「エレクトラ」などで知られるソフォクレス、「メデイア」「トロイアの女たち」「バッコスの信女たち」などの傑作を残したエウリピデス。ギリシャ悲劇はヨーロッパ演劇の源流で、今も世界中で上演される。古代ギリシャ劇には喜劇もあり、「女の平和」などで知られるアリストパネスがそれを代表する。
(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ギリシャ‐ひげき【ギリシャ悲劇】
アテネを中心に前5世紀ごろ栄えた演劇。運命に逆らい、また、流される人間を主題とした荘重・沈痛な悲劇で、仮面をつけた俳優とコロス(合唱団)によって演じられる。アイスキュロスソフォクレスエウリピデスを三大悲劇詩人という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ギリシャひげき【ギリシャ悲劇】
アテネの全盛期、前五世紀頃に栄えた悲劇。ディオニュソス祭儀に由来し、仮面を付けた俳優とコロス(合唱団)によって演じられる。韻文の詩劇で、アイスキュロス・ソフォクレス・エウリピデスは三大悲劇詩人と呼ばれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ギリシャ悲劇
ギリシャひげき
アッチカ悲劇」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギリシャ悲劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギリシャ悲劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation