@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ギロチン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ギロチン
guillotine
金属製の大をもつ斬方式による死刑執行用具をいう。当初,ルイゼットとかルイゾンと呼ばれていたが,創案者とされたフランスの医師 J.ギヨタンの名前にちなんで現名のように呼ばれるようになった。フランス革命遂行期に王侯貴族など反市民的階層の人々に対して用いられ,その濫用から人民裁判のもつ恐怖象徴として使用される用語となった。しかし,本来は,フランス革命を象徴する人道主義・平等主義的背景のもとで合理化されていた。 1792年以来ギロチンによる処刑が行われていたが,1981年9月フランス国民議会は死刑廃止法案を可決し,190年余に及ぶギロチンによる処刑は廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ギロチン(〈フランス〉guillotine)
斜状の刃をもつ(おの)を落下させ、受刑者の首を切断する死刑執行具。フランス革命で盛んに用いられ、恐怖政治の象徴となった。提唱者の医師ギヨタン(J.I.Guillotin)の名にちなむ。断頭台ギヨチン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

ギロチン
ジョゼフ・イニャス・ギヨタン(Joseph Ignace Guillotin。一七三八~一八一四)▼フランス革命時代に国民議会議員であった内科医。当時、断頭台で処刑されるのは高貴な身分の者だけで、一般の犯罪人は切れ味の鈍い刀剣によって処刑されていたため、人道的理由から断頭台による処刑法を提案。この提案は一七九一年に採用され、断頭台は彼にちなんで「ギロチン」と命名された。しかし、ギロチンを発明したのは同僚アントワーヌ・ルイ医師(一七二三~九二)。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

デジタル大辞泉プラス

ギロチン
ベルギー、ヒューグ醸造所で製造されるビール。アベイタイプ、アルコール度数は約8.5%。ラベルにギロチン台が描かれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ギロチン【guillotine】
1789年,パリ大学の解剖学教授で,フランスの憲法制定国民議会議員となったギヨタンJoseph Ignace Guillotin(1738‐1814)により改良考案された斬首装置。ギヨチンともいい,断頭台と訳す。この種の機械は以前からヨーロッパ各地にあったが,92年3月20日,立法議会により死刑執行の装置として正式に採用され,同年4月25日,グレーブ広場(現在のパリ市庁舎前の広場)で強盗殺人犯の処刑の際に初めて使用された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ギロチン
ぎろちん
Guillotine フランス語

フランス革命以来、死刑に使用された断頭台。正しくはギヨチーヌと発音され、古くから南フランスやイタリアで用いられていたのを、憲法制定議会議員となった医者のギヨタンJoseph Ignace Guillotin(1738―1814)が、刑死者の苦痛を軽減するために、その採用を提案したことから、この名でよばれることとなった。彼が発明者であったとするのは誤りである。重く、かつ鋭利な刃が一瞬のうちに落下して死をもたらすので、事実、苦痛が軽いことに加えて、処刑に要する時間も短く、この後者の理由が、恐怖政治の激化とともにその「能率性」を買われて、人数をこなすのに活用されて恐れられ、恐怖政治のシンボルとなった。1981年に廃止。

[樋口謹一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ギロチン
〘名〙 (guillotine) 断頭台。斧(おの)状の刃物を落下させ、下に横たわる受刑者の首を切断する装置。フランス革命のとき医師出身の議員ギヨッタンの提案によったところからいう。フランスでは敏速、無痛で人道的なものと考えられ、一九八一年まで使われた。ギヨチン。〔外来語辞典(1914)〕
※黒船前後(1935)〈服部之総〉ジョゼフ・フーシェ「ジロンド領袖がギロチンにかけられたとき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ギロチン
guillotine
フランス革命時代に用いられた死刑台。フランス語ではギョティーヌと発音され,「断頭台」とも訳される
医師ギョタンの考案といわれるが,異説もある。ジャコバン派はこれでルイ16世やマリ=アントワネットを処刑し,ギロチンは恐怖政治のシンボルとなった。1981年の死刑廃止まで使用された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギロチン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギロチンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation