@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ギータゴービンダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ギータゴービンダ
Gītagovinda
インドのサンスクリット抒情詩。邦訳名『牛飼いの歌』。 12世紀後半頃の詩人ジャヤデーバ作。 12章から成り,ビシュヌ神の化身である牧童クリシュナと牛飼い女ラーダーとの官能的恋愛を主題としている。作者はサンスクリットの詩的技巧縦横に駆使し,音楽的効果を企図しているが,この田園情緒豊かな恋愛抒情詩の背後には,神と人間との関係の暗示があるとの解釈がなされ,この神秘的意義によってビシュヌ崇拝者の絶賛を博し,いわゆるビシュヌ派文学の先駆をなすものといわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ギータゴービンダ【Gītagovinda】
ジャヤデーバ(12世紀)作のサンスクリット恋愛抒情詩。〈牛飼いの歌〉の。12章から成り,牛飼いクリシュナとして化身したビシュヌ神と牧女ラーダーとの官能的恋愛を主題とし,劇的要素も含まれているが,その背後に神と人間との関係を暗示するものとして,神秘的意義が説かれている。各種の韻律を用い,頭韻,脚韻などの修辞的技巧を駆使しつつ,熱烈なビシュヌ神崇拝の思想を高揚している。この詩は牧童クリシュナと恋人ラーダーと彼女の女友だちの3人の抒情詩句のみで終始し,その間にビシュヌ賛美の詩句が挿入されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ギータゴービンダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ギータゴービンダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation