@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クアンジュ(光州)直轄市【クアンジュ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クアンジュ(光州)〔直轄市〕
クアンジュ
Kwangju
韓国,チョルラナム (全羅南) 道の道庁所在地。ホナム (湖南) 地方で最大の都市である。 1945年市制,86年直轄市となる。ソベク (小白) 山脈南部のナムニョン (南嶺) 山地と,ヨンサン (栄山) 江の流域に広がるチョンナム (全南) 平野との接触点に発達してきた。百済時代に武珍州,新羅時代には武州の治所であった。高麗で光州と改称され,李氏朝鮮では郡であったが,1896年全羅道が南北に分れると南道の道庁所在地となった。行政,文化,経済,教育の中心地で各種教育機関がある。周辺地域で産する米,ムギ,ハッカサツマイモ,タバコを集散し,また綿花を集めて紡織工業が盛んである。 1970年代に工業団地が造成され,自動車工場などが立地した。キョンジョン (慶全) 鉄道によってホナム鉄道に通じる。またホナム高速道路のインターチェンジ,空港もある。南東郊のムドゥン (無等) 山 (1187m) は峡谷と岩峰の美に恵まれ,眺望にもすぐれる。面積 213km2。人口 114万 4695 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クアンジュ(光州)直轄市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クアンジュ(光州)直轄市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation