@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クエルナバカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クエルナバカ
Cuernavaca
メキシコ中部,モレロス州州都。メキシコ市の南約 60km,アフスコ山地のクエルナバカ谷にあり,標高約 1540m。かつてはインディオのトラウイカ族の中心集落で,クアウナワク Cuauhnáhuacと呼ばれていたが,1521年頃スペイン人のメキシコ征服者 H.コルテスに占領されるとともに現市名に改称。周辺の農業地帯の商工業中心地で,トウモロコシ,豆類,小麦,果実,花,蜂蜜などを集散し,瓶詰製粉セメント織物などの工業がある。市内には現代メキシコの画家 D.リベラの壁画で装いを新たにしたコルテスの宮殿 (1531頃) ,大聖堂 (29) などの古い建築物が残っている。気温 10~27℃で,雨季でも毎日太陽の輝く快適な気候に恵まれるため,首都その他から観光,保養に訪れる人が多く,市内外には富裕階級の人々の別荘も多い。モレロス自治大学 (1939) 所在地。近くにインディオの遺跡テオパンソルコやテポステコ,インディオの集落テポストランなどがある。人口 28万 1752 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クエルナバカ(Cuernavaca)
メキシコ中南部、モレロス州の都市。同州の州都。首都メキシコシティーの南約60キロメートルに位置する。「常春の町」とよばれる観光保養地。クエルナバカ大聖堂コルテス宮殿ボルダ庭園など、植民地時代の旧跡が数多くある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クエルナバカ【Cuernavaca】
メキシコ中央部,モレロス州の州都。人口27万9187(1990)。メキシコ市の南75kmに位置し,標高1529m。快適な気候,周囲の山々と花の美しい観光都市。アステカ貴族の習慣に従って,コルテスもここに住み,宮殿を建設した。日本の〈二十六聖人〉の壁画のある聖堂,18世紀の銀山王ボルダの庭園がある。観光産業に加え,首都圏の別荘地として開発が進んでいる。近郊には,テオパンソルコ,ショチカルコなどのピラミッドがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クエルナバカ
くえるなばか
Cuernavaca

メキシコ中南部、メキシコ中央高原にある観光・保養都市。モレロス州の州都。メキシコ市の南80キロメートル、標高1542メートルに位置する。人口32万7162(2000)。1530年メキシコの征服者コルテスが建設した町で、コルテス宮殿、日本二十六聖人殉教の壁画があるカテドラル、ボルダ庭園など、植民地時代の旧跡がある。街には南国の花に彩られた邸宅や庭園が並び、花園の町として有名で、老後を楽しむアメリカ人の居住者が多い。日系の自動車工場がある。近郊にアステカ文化の影響を色濃く残すインディオの村テポストランTepoztlán、温泉保養地のオアステペックOaxtépec、ソチカルコ遺跡、カカワミルパ大鍾乳洞(しょうにゅうどう)などがある。ソチカルコ遺跡は1999年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

[高木秀樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クエルナバカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クエルナバカの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation