@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クエンカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クエンカ
Cuenca
エクアドル南部,アスアイ州州都。正式名称はサンタアナデクエンカ Santa Ana de Cuenca。アンデス山脈中の盆地 (スペイン語でクエンカ) にあり,標高約 2600m。インカ帝国第 11代皇帝ワイナ・カパックの居城があった地に,1557年スペイン人によって建設された。グアヤキル,キトに次ぐエクアドル第3の都市で,エクアドル南部の商業中心地となっており,農産物や家畜,皮革,大理石などが取り引きされる。また繊維,レース,皮革製品,宝飾類,食品などの工業が立地し,パナマ帽,良質の飲料水の産地としても知られる。毎週木曜日に開かれるインディオの定期市は市の重要な経済活動であるとともに,多くの観光客を集める。石畳の街路や古い大理石造りの家にスペイン植民地時代の面影を残した旧市街は,1599年建造の修道院をはじめとする優れた建築物も保存されており,1999年世界遺産の文化遺産に登録された。アスアイ大学 (クエンカ大学,1868) ,クエンカ・カトリカ大学 (1970) の所在地。パンアメリカン・ハイウェーが通るほか,キトとグアヤキルを結ぶ幹線鉄道から分岐する鉄道が通じる。人口 19万 4981 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クエンカ
Cuenca
スペイン中部のカスティリア・ラマンチャ自治州クエンカ県の県都。マドリードの東南東約 140km,クエンカ山地の西端,フカル川沿岸に位置する。古代ローマの町コンカが起源で,ムーア人に占領され,1177年にカスティリア王国アルフォンソ8世の支配するところとなり,16世紀頃は銀と毛織物で有名な町となった。近くの山地から切り出される木材集散地で,家具,紙,皮革などを産する。マドリードとバレンシアを結ぶ鉄道が通る。天然の要害を利用した独特の景観の町並みは,1996年世界遺産の文化遺産に登録。ルネサンスゴシック様式の有名な 13世紀の大聖堂など,歴史的建築物が多い。人口4万 2615 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クエンカ(Cuenca)
エクアドル中南部の都市。アスアイ県の県都。スペイン王カルロス1世の命に基づき1557年に建設された。植民地時代の建造物が数多く残り、1999年、「サンタアナ‐デ‐ロス‐リオス‐デ‐クエンカの歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。
スペイン、マドリードの南東約130キロメートルにある城塞都市。要塞は9世紀にイスラム教徒によって造られたもの。12世紀にレコンキスタ(国土回復運動)が起こり、キリスト教徒の町となった。断崖からせり出すように建てられた建築物など、独特の景観から「魔法にかけられた町」とも呼ばれる。1996年「歴史的城壁都市クエンカ」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クエンカ【Cuenca】
エクアドル南部の山間部にあるアスワイ州の州都。首都キトの南300kmに位置し,標高2582mの盆地にある。人口24万7421(1996)で同国第3の大都市だが,海岸地方における産業と交通の発達により同市の重要性は低下した。パナマ帽と陶器の生産で知られる。1557年,スペイン人コンキスタドールが建設,以後鉱山開発で繁栄し,新旧の聖堂をはじめ,修道院,教会が多く,大学もあって文教都市となっている。【寿里 順平】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クエンカ【Cuenca】
スペイン中東部,新カスティリャ地方の同名県の県都。人口3万9860(1982)。県都クエンカは,河川の浸食と風化でできた奇抜な形の丘の頂に,中世の要塞と町並みが続き,その景観から〈魔法にかけられた都市〉と呼ばれている。クエンカ県は中央台地の南端に位置する山がちな地形を利用して牧畜業が営まれ,穀物,オリーブ,ブドウなども産出する。【鈴木 昭一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クエンカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クエンカの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation