@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クエンティン タランティーノ

367日誕生日大事典

クエンティン タランティーノ
生年月日:1963年3月27日
アメリカの映画監督;脚本家;俳優

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

クエンティン タランティーノ
Quentin Tarantino
職業・肩書
映画監督・プロデューサー,脚本家,俳優

国籍
米国

生年月日
1963年3月27日

出生地
テネシー州ノックスビル

学歴
サンダンス・インスティテュート(ユタ州)卒

受賞
アカデミー賞脚本賞(第85回)〔2013年〕「ジャンゴ 繫がれざる者」,ゆうばり国際冒険ファンタスティック映画祭批評家賞(第4回)〔1993年〕「レザボアドッグス」,カンヌ国際映画祭パルムドール(第47回)〔1994年〕「パルプ・フィクション」,ニューヨーク批評家協会賞監督賞・脚本賞(第60回)〔1994年〕「パルプ・フィクション」,ロサンゼルス映画批評家協会賞作品賞・監督賞・脚本賞〔1994年〕「パルプ・フィクション」,全米批評家協会賞作品賞・監督賞・脚本賞(第29回)〔1994年〕「パルプ・フィクション」,D.W.グリフィス賞作品賞・監督賞(第77回)〔1994年〕「パルプ・フィクション」,ゴールデン・グローブ賞脚本賞(第52回,1994年度)「パルプ・フィクション」,アカデミー賞オリジナル脚本賞(第67回,1994年度)「パルプ・フィクション」(共同執筆),BAFTA賞オリジナル脚本賞(第26回,1995年度)「パルプ・フィクション」,MWA賞(映画賞)〔1995年〕「パルプ・フィクション」,ゴールデン・グローブ賞脚本賞(第70回,2012年度)「ジャンゴ 繫がれざる者」,全米放送映画批評家協会賞脚本賞(第18回)〔2012年〕「ジャンゴ 繫がれざる者」

経歴
小さい頃から日本映画に親しみ、特にやくざ映画の義理と人情の世界に影響を受けた。映画でのキャリアをゴダールの「リア王」などの端役でスタート。1985年頃から監督を目指して脚本を書き始め、脚本第1作目「トゥルー・ロマンス」(’93年)はトニー・スコット監督で製作された。’92年「レザボア・ドッグス」で監督デビュー、トロント国際映画祭やストックホルム国際映画祭のグランプリを獲得するなど世界中で高い評価を受ける。’94年には2作目「パルプ・フィクション」でカンヌ国際映画祭パルムドールをはじめ数々の賞を受賞。人気シリーズ「フロム・ダスク・ティル・ドーン」では製作総指揮の他、俳優としても出演。他の監督作品に「ジャッキー・ブラウン」(’97年)、「KILL BILL(キル・ビル)」(2003年)、「キル・ビルVol.2」(2004年)、「デス・プルーフinグラインドハウス」「グラインドハウス, U.S.A.バージョン」(2007年)、「イングロリアス・バスターズ」(2009年)、「ジャンゴ 繫がれざる者」(2012年)、脚本に「ナチュラル・ボーン・キラーズ」(オリバー・ストーン監督)などがある。また、「フォー・ルーム」(’95年)、「シン・シティ」(2005年)など、ロバート・ロドリゲスとの共同製作は7本にのぼる。2004年カンヌ国際映画祭審査委員長、2010年にはベネチア国際映画祭審査員長を務めた。親日家としても有名で、1993年以来来日多数。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クエンティン タランティーノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クエンティン タランティーノの関連情報

関連キーワード

コーマン新藤兼人北九州(市)中平康森一生ロメール飯島耕一川島雄三シモンドン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation