@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クオレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クオレ
Cuore
イタリアの小説家エドモンド・デ・アミーチスの代表作。 1886年刊。 12歳の小学生エンリコの日記という体裁をとり,各所に毎月の物語を挿入して,庶民の生活感情を基盤に,少年少女の正義心と愛国心の涵養図している。リソルジメント (国家統一運動) 後期の精神風土を反映し,文学史上はロマン主義に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クオレ(〈イタリア〉Il Cuore)
《心・愛情の意》イタリアの小説家デ=アミーチスの児童小説。1886年刊。12歳の少年エンリコの学校生活を、1年間の日記を通してつづったもの。邦訳名「愛の学校」。クオーレ。
[補説]作中にある先生の訓話アペニン山脈からアンデス山脈まで」は、少年マルコがアルゼンチンにいる母に会うため旅をする物語で、日本では「母をたずねて」の名で知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クオレ
くおれ
Cuore

イタリアの作家エドモンド・デ・アミーチスの児童文学作品の代表作。1886年刊。クオレとは「愛の心」の意味。作者は序文で、小学生を対象とし、エンリーコという少年のメモに父親が加筆をしたものである、と述べている。内容は、1年間の学校生活を中心とした日記で、それに主として父親のコメントと先生の毎月の訓話(イタリア各地方の英雄的な少年の物語)が加わっている。主人公のエンリーコとさまざまな階層の少年たちはりっぱなイタリア人を目ざして、善意、勇気、労働などの尊さを学ぶ。その価値観からはみ出た少年は感化院へ送られてしまう。文学的価値は希薄だが、統一を果たし、新しい国家建設に燃えた時代の、一つの主張として資料的に貴重である。わが国でもいち早く翻案が出て(1902)、時代の風潮を反映して好意的に迎えられ、多くの翻訳がある。毎月の訓話の一つである「母を尋ねて」は独立した物語としても刊行されている。

[望月紀子]

『前田晁訳『クオレ――愛の学校』全2冊(1955・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クオレ
(原題Cuore 「心」の意) 児童文学書。デ=アミーチス作。一八八六年発表。邦訳題名「愛の学校」。エンリコ少年の学校や家庭での日常生活を通して人間愛、祖国愛の美しさをうたいあげた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クオレ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クオレの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation