@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クサカゲロウ(臭蜻蛉)【クサカゲロウ】

世界大百科事典 第2版

クサカゲロウ【クサカゲロウ(臭蜻蛉) green lacewing】
目クサカゲロウ科Chrysopidaeに属する昆虫総称,またはそのうちの1種を指す。この仲間は中型で翅の開張1.5~6.5cm。眼は光沢のある金緑色。体や翅脈淡緑色ないし青緑色。レース模様の透き通った翅をもち,ひらひらと飛ぶ。名称の由来が一説にいう臭いカゲロウであるというゆえんは,種によっては虫体に触れると前胸より臭気を発するからである。世界の熱帯から亜寒帯に分布し,約1350種が知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クサカゲロウ(臭蜻蛉)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クサカゲロウ(臭蜻蛉)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation