@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クシュ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クシュ
Cush; Kush
クシとも呼ばれる。古代エジプト人が今日のスーダン地方を呼んだ名称。古代ギリシア人はエチオピアと呼んだ。前 2000年頃ナイル第2急流以南をさしていたらしいが,まもなくヌビア全地方をいうようになった。古代エジプトの支配下におかれることが多かったが,エジプトを支配したクシュ王朝も出現した。黄金香料,黒檀,ダチョウの羽毛,毛皮などの特産品があり,これらの品物はエジプトに運ばれた。ユダヤ人はこの地方の民の始祖ノアの第2子ハムの長子クシュであるとした。『七十人訳聖書』『ウルガタ訳聖書』に「クシュの地」とあるが,その正確な位置は推定を出ない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くしゅ【クシュ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クシュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クシュの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation