@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クスサン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クスサン
Dictyoploca japonica
鱗翅目ヤママユガ科の。前翅長 53~65mm。触角は雄では羽毛状,では歯の短い櫛状。翅は褐色であるが,濃淡の変異が著しい。前後翅とも外縁に沿ってあらい鋸歯状帯紋があり,前翅の先端近くには黒褐色の小斑がある。また後翅には黒褐色の大きな眼状紋があるが,前翅では不明瞭である。卵で越冬し,成虫は9~10月に出現する。幼虫緑色であるが全身白色の長毛におおわれ,シラガタロウ,クリ毛虫と呼ばれ,クリ,カエデ,サクラなど広葉樹の葉を食べて大害を与える。また幼虫の絹糸腺からテグスのような糸がとれる。はあらい網状で,内部のが見えるのでスカシダワラの名がある。北海道,本州,四国,九州,南西諸島アムール,中国北部,台湾に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クスサン
くすさん / 樟蚕
[学] Caligula japonica

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤママユガ科に属するガ。はねの開張90~120ミリメートル。はねの色は変異に富み、灰黄色から濃赤褐色まである。前翅には小さな、後翅には大きな眼状紋があって、後翅の紋は黒い。前翅翅頂部は、雄では強く、雌では弱く出っ張る。晩夏から初秋に出現し、夜行性でよく灯火に飛来する。日本全土から中国に分布する。幼虫は体長80ミリメートル内外。体の背面は青白色で、同じ色の長毛に覆われている。側面は黒色、青色の紋を各節に連ねる。非常に多食性で、ブナ科、バラ科など多くの樹木に寄生し、ほかの昆虫がほとんど食べないイチョウにさえも発生する。繭は楕円(だえん)形で堅く粗い網目状、中の蛹(さなぎ)が透けてみえる。卵は樹幹に固めて産み付けられたまま越冬し、翌春孵化(ふか)した幼虫は7月ごろに蛹化(ようか)する。長毛の生えた幼虫はシラガタロウ、繭はスカシダワラとよばれる。幼虫はクリの葉を好んで食べ、よくクリ林に発生するので、クリケムシまたはクリムシの名もある。クリ林に多発すると、葉の被害が大きく、クリの収穫に悪影響を与える。繭をほぐしたものを栗綿(くりわた)とよび、紡績の原料になるというし、テグス糸(釣り糸)の代用として幼虫の体内から絹糸腺(せん)をとり、糸をとったこともあるが、現在ではほとんど利用されていない。

[井上 寛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クスサン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クスサンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation