@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クスノキ(樟)【クスノキ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クスノキ(樟)
クスノキ
Cinnamomum camphora; camphor tree
クスノキ科の常緑高木で,日本の暖地台湾,中国などに分布する。直径 2m以上の大木も多く知られ,樹皮には細かい割れ目がある。葉は互生し卵状楕円形で3本のが目立つ。もむと芳香がある。5~6月頃,黄白色で6弁の小花が多数円錐花序をつくって咲く。材を水蒸気蒸留して樟脳樟脳油 (片脳油) をとる。樟脳は防虫剤香料とするほかセルロイドの原料になり,またビタカンファーとして強心剤にも用いられる。材は堅く光沢があり,高級建築材,家具材,船舶材などに用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クスノキ【クスノキ(樟) camphor tree】
庭園,神社,寺院によく植えられ,また暖地の街路樹にも用いられるクスノキ科の常緑樹木で,ふつう樹高25m,直径80~150cmになるが,ときには樹高40m以上,直径5~8mに達する巨大なものがある(イラスト)。関東地方以南,四国,九州から台湾,中国南部,インドシナに分布し,丈夫で育ちやすいので各地に植えられる。樹皮は灰褐色から暗黄褐色で,に細かく割れる。葉は互生し,葉柄は2~3cm,葉身は長さ6~9cm,幅3~4cmで卵形~楕円形,やや革質で表面に光沢がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クスノキ(樟)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クスノキ(樟)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation