@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クタイシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クタイシ
Kutaisi
ジョージア(グルジア)西部の都市首都トビリシの西北西約 200kmにあり,大カフカス山脈南斜面に発するリオニ川が,山麓からコルヒダ低地に出る地点に位置する。紀元前から知られ,コルキスイベリアアブハジアイメレチアなど,この地方に興った王国の首都として繁栄。 1810年ロシア領となり,トビリシに次ぐジョージア第2の都市となった。ジョージアの重要な工業中心地で,自動車,トラクタ,鉄道車両,鉱山用機械,食品,ガラス,絹織物皮革などの製造が盛ん。教育大学,歴史・民族博物館がある。旧市街には 11世紀のバグラティ大聖堂中世城跡が保存されている。ソチとトビリシを結ぶ幹線鉄道からの支線が延び,カフカス越えの道路によって大カフカス山脈北麓の諸都市とも結ばれる。人口 23万 8200 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クタイシ(Kutaisi)
ジョージア西部の都市。リオニ川沿いに位置する。紀元前6世紀から前2世紀にかけて古代コルヒダ王国の首都。また、15世紀以降、イメレチア王国の首都になった。19世紀初めにロシアに併合。バグラティ大聖堂ゲラティ修道院は1994年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クタイシ【Kutaisi】
ザカフカス地方,グルジア共和国西部の工業都市。人口23万8000(1991)。旧称クタイス。前6~前3世紀のコルヒダ国(コルキス王国)の都市として知られ,8世紀には西グルジア王国の首都,10~12世紀にグルジア王国の,15世紀以降はイメレティア王国の首都であった。17世紀後半オスマン・トルコに占領され,1770年ロシア・イメレティア軍が奪回,1810年ロシアに併合された。カフカス山脈を越えるオセティア軍道によって北カフカスと連絡。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クタイシ
くたいし
Кутаиси/Kutaisi

ジョージア(グルジア)西部の都市。カフカス山脈を南流、西流して黒海に注ぐリオニ川の扇状地上にあり、乾燥したコルヒダ低地に面する。人口21万5700(2002)。トビリシ―スフーミ間の幹線鉄道から分岐する支線があり、またカフカス山脈を越えるオセチア軍道の南端終点にあたる。紀元前6~前3世紀には、現在のジョージア西部を占めていた古代コルヒダ王国の首都であった。また15世紀からイメレチア王国の中心都市となった。1660年代から1770年までトルコ軍に占領され、1810年ロシアに併合された。ジョージアではトビリシに次ぐ工業都市で、自動車(11.5トンのトラックや発動機など)、小型トラクター、石油・ガス産業用機械、白色顔料(地元産重晶石を用いる)、食品、皮革、絹織物などの工場があり、鉱山、自動車、林学、協同組合などの研究教育機関が置かれている。劇場、歴史民族博物館もある。

[渡辺一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クタイシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クタイシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation