@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クノッソス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クノッソス
Knossos
地中海のクレタ島北岸にあった古代都市。エーゲ文明源泉とされるクレタ文明の中心地。 1900年からの A.エバンズらの発掘,調査により,その概要が明らかになっている。最盛期にはクノッソス王ミノスがクレタ全島を統一し,東地中海の海上権を独占して,クレタは東西の諸地域と交易する海上王国となった。当時のクノッソスは,宮殿とそれを取巻く王族,貴族らの住む都心部,さらにそれを取巻く下層民の住む郊外から成る大都市であった。この繁栄は前 1400年頃終り,以後再び最盛期の繁栄を取戻すことはなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クノッソス【Knōssos】
ミノス文明第一の遺跡。クレタ島のイラクリオンから内陸へ約6kmにある低い丘を中心とする。A.J.エバンズの長年にわたる発掘調査によって,宮殿をはじめ近接する住居などが姿を現し,みごとな壁画,工芸品,陶器の類が多数発見されて,エーゲ世界を支配したミノス文明の姿が明らかにされた。現在は宮殿の一部が復原され,発掘品はイラクリオン博物館に収蔵されている。この丘には新石器時代から島内最大の集落があり,初期ミノス時代末頃から島の東海岸の港湾都市に代わって有力になり,前2000年頃には旧宮殿が現れた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

クノッソス
Knossos
クレタ島北岸にあるクレタ文明の中心地
1900年イギリスの考古学者エヴァンズが宮殿と彩色絵画・土器クレタ文字など,クレタ文明の代表的遺物を発見した。宮殿にある無数の部屋や廊下,牛の壁画などは,ギリシア神話に現れるラビリントス(迷宮)や人身牛頭の怪物ミノタウロスの伝説をしのばせる。前1400年ごろ,アカイア人の侵入で衰えた。クノッソス宮殿メソポタミア建築の影響を受け,ギリシア建築に影響を与えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クノッソス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クノッソスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation