@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クベーラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クベーラ
Kubera
インド神話における北方の守護神,財宝の神。ベーダ神話では単に魔族の王にすぎなかったが,叙事詩では非常に重要な神となった。バイシュラバナとも称され,アヒチトラー出土の像やサンチー第1塔西門柱頭のクベーラ像など,太鼓腹と短い足の矮人として表現される。ヒマラヤ山中のカイラーサ山頂に住み,アラカー城に都してガンダルバ,ヤクシャ,ラークシャサなどの半神半魔の諸族にかしずかれている。仏教神話にも取入れられ,音写で毘沙門天といい,多聞天と訳される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くべーら【クベーラ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クベーラ
くべーら
Kubera

インド神話に現れる神。倶鞞羅。別名をバイシュラバナVaiśravaa(毘沙門(びしゃもん))という。古くは大地の精とも地下の妖怪(ようかい)ともされるが、この起源は明らかではない。彼は叙事詩『マハーバーラタ』やプラーナ文献において財宝の神となり、ヒマラヤの奥にある都アラカーに住んで北方の守護神となった。夜叉(やしゃ)や羅刹(らせつ)などの妖怪を従えて財宝を守り、キンナラ(緊那羅)がつねにはべる。『ラーマーヤナ』の悪鬼ラーバナとは異母兄弟の関係にあり、ともに南インドのシュリ・ランカー(現在のスリランカ)を統治していたが、ラーバナに追われて彼と仲たがいした。クベーラは太鼓腹の小人で、三足、八歯、一眼の異形とされるが、ブラフマー(梵天(ぼんてん))より授かった天車プシュパカを駆って天空を自在に駆け巡るという。

[原 實]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クベーラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クベーラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation