@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クマザサ

世界大百科事典 第2版

クマザサ【Sasa veitchii (Carr.) Rehd.(=S.albo‐marginata Makino et Shibata)】
日本の庭や公園に観賞用に最もよく植えられているイネ科のササの一種。異名の辺(へり)取り(ざさ)が示すように,葉の縁が白く隈取りになるから隈笹という。熊笹ではない。またアタゴザサともいう。じょうぶで細長い地下茎があり,稈(かん)はよく茂り,やや上した根もとでまばらに枝分れし,上部は立ち上がり,高さは60~130cmである。タケの皮には粗い毛がある。節から通常1本の枝を出し,その先端部に5~7枚の葉をつける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クマザサ
くまざさ / 隈笹
[学]Sasa veitchii (Carr.) Rehd.
イネ科(APG分類:イネ科)のタケ・ササ類。観賞用として全国各地に栽培されるが、京都府の山地には自生種がある。稈(かん)は高さ1~1.5メートル、茎の中部以下で1節から枝が1本ずつまばらに出る。稈鞘(かんしょう)(竹の皮)に、長く、粗い開出毛が密生し、葉の裏に毛がないのが特徴。葉は線状長楕円(ちょうだえん)形で、長さ20~25センチメートル、幅4~5センチメートル、先は急にとがり、基部は円く、冬に縁(へり)が白く枯れて美しくくま取るので、クマザサの名がある。[鈴木貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマザサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クマザサの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation