@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クマネズミ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クマネズミ
Rattus rattus; black rat
齧歯目ネズミ科。体長 15~24cm,尾長 15~25cm。は体長に等しいかやや長い。耳が大きく,前に倒すと眼をおおうほどである。これらの点で近縁ドブネズミと区別できる。夜行性。人家の天井裏などにすみ,一年中繁殖し,妊娠 21日で5~8子を産む。しかしドブネズミのほうが優勢で,それとの比率は少しずつ減少しているといわれる。インド,ミャンマーラオスなどが原産地であるが,現在では住居性の害獣として全世界に分布している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

クマネズミ
 [Rattus rattus].人の住まいなどに棲むネズミの一種.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クマネズミ【black rat】
耳が大きく,尾の長いイエネズミの1種。齧歯目ネズミ科の哺乳類。体長20cm,尾長23cm前後。体色は褐色から黒色までさまざまである。原産地は東南アジアであるが,住家性となって人為環境に侵入し全世界に広がった。日本にすむものは有史以前に侵入したものと思われるニホンクマネズミと,新しく入ってきたヨウシュクマネズミの2亜種に区別され,後者のほうが大型で色が黒い。前者山間の農耕地にすみ,後者は都市部にすむ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クマネズミ
くまねずみ / 熊鼠
black rat
roof rat
[学] Rattus rattus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ネズミ科の動物。熱帯アジアが分布の中心であるが、今日では世界中に生息し、50以上の亜種に分けられている。染色体数から、42本のアジア型、38本のオセアニア型、40本のセイロン(スリランカ)型の3型に大別される。日本には、染色体数42本で小形のニホンクマネズミR. r. tanezumiという家住性の亜種が分布する。尾が頭胴より長く、頭胴長16~20センチメートル、尾長17~24センチメートル、後足長31~35センチメートル、体重100~170グラム。野生種では背面茶褐色、腹面白色であるが、家住性のものでは、全身黒色のものから、背面茶色で腹面黄褐色のものなど多様である。夜行性で、熱帯では樹上生活をしているが、暖帯より寒い地域では家住性となり、家屋、倉庫、畜舎などにすむ。船に侵入するネズミの90%以上が本種である。よく鳴くが、超音波のため人間の耳には聞こえない。果実や草木の種子、穀物、飼料などを主食とし、昆虫の幼虫も食べる。ニホンクマネズミではおもに4~9月に、飼育下では周年繁殖して、1回に2~8頭の子を産む。子は90日で頭胴長15センチメートル、体重100グラムに成熟する。ヨーロッパ、アメリカ、オセアニアには染色体数38本のヨウシュクマネズミR. r. rattusが分布し、エジプトネズミなどが含まれる。

[土屋公幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマネズミ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クマネズミの関連情報

関連キーワード

島根の青銅器遺跡地帯村田製作所チアリーディング部アイサイボイノシシエピオルニスクマゲラサケイスイジガイツシマジカ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation