@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クモ類【クモるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クモ類
クモるい
Araneae; spider
クモ綱クモ目に属する種類の総称。頭部と胸部は融合して頭胸部となり,細い腹柄によって腹部とつながっている。眼は単眼で普通8個であるが,0,2,4,6個のこともある。歩脚は4対。口器は上顎 (鋏角) ,下顎,上唇,下唇から成る。上顎には牙があって毒腺に通じている。毒性は一般に人を害するほど強くはないが,なかにはセアカゴケグモのように有毒な種もある。腹端に出糸突起が2~4対ある。呼吸は気管のほか書肺で行うが,これらの位置は科の類縁関係を知るのに大切である。雄は一般に小さく,触肢の先端がふくらんでいる。この中に精液をたくわえ,そっと雌に近づくが,油断すると雌に食われてしまうおそれがあるので,種ごとに一定の求愛動作が発達している。世界に3万 5000種が知られ,そのほとんどは陸上生活をするが,池沼や潮間帯で2次的に水中生活をする種も若干知られている。行動の面からみると,一定の場所に固定して生活する占座性と,これに対する徘徊性とに分けられ,一方,網の面からみると,造網性と非造網性とに分けられる。網は円網,棚網,皿網,条網などいろいろな張り方がある。獲物を捕えると,牙を通して獲物に毒液を注入し,下顎からの消化液で蛋白質を溶かし,ポンプ式の胃で吸取る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クモ類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クモ類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation