@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クライズデール【くらいずでーる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

クライズデール
くらいずでーる
Clydesdale

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。同科の1種ウマの1品種で、イギリスのスコットランド南東部が主産地。体高1.65メートルの大形の重輓馬(ばんば)である。最近ではアイルランドでも生産が増加し、アイルランド(アイリッシュ)クライズデールが固定された。こちらの体高は1.7メートルで、多くの国に輸出されている。クライズデールは、17世紀に、ベルギーのフランドル地方に産するフランダー馬の牡馬(ぼば)を輸入して在来馬に交配し重厚な農馬を生産したのに始まり、その後クリーブランドベイ、シャイヤーなどが混血した。頭と頸(くび)は長く、体は幅があり、筋腱(きんけん)の発達した長い肢(あし)をもち、膝(ひざ)と飛節の下は毛深い。その活発な動作が好まれている。

[加納康彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クライズデール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クライズデールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation