@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クラウジウス=クラペイロンの式【クラウジウスクラペイロンのしき】

世界大百科事典 第2版

クラウジウスクラペイロンのしき【クラウジウス=クラペイロンの式 Clausius‐Clapeyron’s equation】
液体と気体など,物質の二つの相が熱平衡にある場合に,温度一定の下で第1の相から第2の相へ準静的に単位質量を転移させたときの吸収熱qと,そのときの温度T(絶対温度),圧力p,第1,第2の相の比体積v1,v2との関係を与える式。qT(dp/dT)(v2v1)と表される。ただし,微分は,共存曲線に沿ってのものである。この式は最初B.クラペイロンが熱素説の立場から導いたもので,後に,R.クラウジウスによって熱力学を用いて正しく導かれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クラウジウス=クラペイロンの式
クラウジウスクラペイロンのしき
クラペイロン=クラウジウスの式」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラウジウス=クラペイロンの式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラウジウス=クラペイロンの式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation