@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クラウディング・アウト効果(crowding-out)

外国為替用語集

クラウディング・アウト効果(crowding-out)
財政政策の拡大民間需要を抑制する効果のこと。財源として新規国債を発行し、民間にそれを引き受けさせることよって資金市場から吸い上げられ、市中金利上昇する。そのため金融機関貸し渋りや、民間投資の抑制が起き、結局は内需拡大の効果がなくなってしまうことがある。マンデル・フレミングの法則では、そうした金利の上昇が通貨高を招き、景気が更に悪化するとしている。

出典:(株)マネーパートナーズ

クラウディング・アウト効果(crowding-out)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラウディング・アウト効果(crowding-out)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation