@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クラウドソーシング

ビジネス用語集

クラウドソーシング
これまでプロが作っていたことを、不特定多数のクラウド(群衆)が集まって何かを作り上げていくことを指します。
アウトソーシングと似ているけれど、必ずしもプロフェッショナルに依頼するのではないのが特徴です。

以前からソフトウェア開発の世界では、オープンソースという名前でクラウドソーシングが行われてきましたが、現在のクラウドソーシングはソフトウェア開発の分野にとどまらず、多岐にわたります。

クラウドソーシングは、比較的オープンな人的ネットワークに仕事や課題を「発注」「募集」「問い掛け」することで、適切なレベルの知的労働力(コンテンツや知恵)を相対的に安い価格で調達する方法として注目されています。

出典:転職.jp

朝日新聞掲載「キーワード」

クラウドソーシング
crowd(群衆)とsourcing(業務委託)の造語。企業は不特定多数の人にネットを介して安価に外注でき、経営効率が上がるとされる。受注側は働く場所や時間に拘束されないため、フリーランスや主婦、退職者など幅広い活用が期待されている。
(2015-09-05 朝日新聞 朝刊 東京南部・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

クラウドソーシング(crowdsourcing)
《crowd(大衆)とアウトソーシングからの造語》インターネット上で不特定多数の人材に対して業務内容と報酬を提示し、仕事を発注する手法。社外から効率よく人材を募ることができるほか、コンペ形式で発注先を決めることも可能。通常、発注者と受注者はネット上の専用サービスによって仲介される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典

クラウドソーシング
クラウドソーシングとは、不特定の人や群衆を意味する「crowd(クラウド)」と、業務委託を示す「sourcing(ソーシング)」を組み合わせた造語です。

企業が自社の業務を不特定多数の人に業務委託する業務形態を指しますが、インターネットを活用している点に特徴があります。クラウドソーシングの一般的なモデルは、発注者がインターネットを介してアウトソーシングしたい業務への応募者を募り、業務者を選定・依頼するというものです。必要なときに必要な人材やスキルを気軽に調達することが可能なため、クラウドソーシングを活用する企業が増えています。

出典:『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2020 HR Vision Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

クラウドソーシング
不特定多数の人々に業務委託する雇用形態のこと。画像チェックやアイデア発案、ロゴ作製、音楽制作、サイトへのレビュー投稿など多様な場面で活用されている。報酬は、無料(ボランティア)から、時給制、固定給制など多伎にわたる。専門業者に委託するアウトソーシングと違い、雇用側にとって、必ずしも雇用関係を必要としない、低リスクでよりよい品質のものが出来上がる可能性がある、などのメリットがある。インターネットの普及に伴い拡大し、日本ではランサーズ株式会社(2008年創業)、株式会社クラウドワークス(2011年創業)ほか、Craudia、クラウドワークス、CROWDなど次々とサービスが開始されている。
(2013-6-21)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クラウドソーシング
くらうどそーしんぐ
crowd sourcing
不特定多数の人にインターネット経由で業務を委託すること。クラウド(crowd、群衆)とソーシング(sourcing、委託)をあわせた造語で、クラウドワーク、オンライン・フリーランシングともよばれる。業務を小分けして世界中の専門家や主婦、学生などのフリーランスに発注する仕組みである。委託業務はソフトウェア開発、ウェブ制作、動画作成、データ入力などのIT関連から、翻訳、執筆、デザイン、イラスト、法務、財務、コールセンター業務、飲食宅配まで広範である。報酬額に応じて5~20%を専門仲介業者がシステム利用料の名目で徴収する。クラウドソーシングは、業務を外部発注することで人材や設備などのコストを削減でき、経営資源を主力業務に集中できる利点がある。委託者(企業)と受託者(働き手)をサイトでマッチングし、発注、働き手の募集・選定、納入、報酬決済までをネット上で済ますので、企業は世界中の安価な労働力を活用できる。働き手にとっても在宅で仕事をできる利点がある。アメリカで2000年代初頭に始まり、世界に広がった。日本でもクラウドソーシングの仲介業者が30社以上生まれ、2014年(平成26)には業界団体クラウドソーシング協会(東京都渋谷区)が発足した。厚生労働省の推計では国内で約170万人が従事しており、このうち本業は約130万人、副業が約40万人いる。
 クラウドソーシングは不特定多数に発注するので、仕事がずさんとなる問題もあり、2016年にはネット関連企業のディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する医療情報サイトで法令違反の不正確な記述が発覚し、サイト閉鎖に追い込まれたトラブルも生じている。またクラウドソーシングで働く人々は、現行の労働法制では事業主として扱われ、労働法制の保護対象外である。クラウドソーシングの働き手を契約、時間、対価など労働法制面でいかに保護するかも課題である。クラウドソーシングはアウトソーシングの一種であると同時にシェアリング・エコノミーの一つの形態とみることもできる。なおクラウドコンピューティングのクラウド(cloud、雲)とは意味が異なる。[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラウドソーシング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラウドソーシングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation