@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クラスター化合物【クラスターかごうぶつ】

世界大百科事典 第2版

くらすたーかごうぶつ【クラスター化合物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クラスター化合物
くらすたーかごうぶつ
cluster compound
同一元素あるいは類似した元素の原子が3個以上集まってひとかたまりに結合している構造をクラスター構造とよび、その構造をもつ化合物をクラスター化合物という。金属元素の原子の場合には金属クラスターということもある。クラスターは全体として正または負の電荷をもつこともあり、中性のこともある。金属結晶は巨大なクラスター構造であると考えられるため、逆に、金属元素のクラスター化合物は最小の金属粒子を含む化合物であると考えることができる。
 いくつかの例をあげると、ドデカボラン(12)陰イオンB12H122-では、12個のホウ素原子が正二十面体骨格構造をつくる。見かけ上二塩化モリブデンMoCl2となるオクタクロロヘキサモリブデン()塩化物は[Mo6Cl8]Cl4の式で示される錯体であり、その錯陽イオンの中に、6個のモリブデン()イオンが正八面体骨格をつくるクラスター構造がある。クラスター化合物の研究が盛んに進められているのは、これら構造的な興味のほかに、有機合成の触媒としてよく用いられており、さらに各分野への発展が期待されるためである。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラスター化合物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラスター化合物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation