@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クラッシャー

デジタル大辞泉

クラッシャー(crusher)
鉱石・岩石などを砕く機械破砕機粉砕機

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くらっしゃー【クラッシャー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クラッシャー
くらっしゃー
crusher

固体粒子を細かく粉砕する機械の総称。粉砕機の一種。固体原料に外力を加えて細かくするとき、砕かれたものの粒度が比較的大きい場合(最大粒子が1ミリメートル以上)を破砕といい、比較的細かい場合を粉砕といって区別する。しかし、その境界ははっきりしないし、細かく粉砕する前段階として破砕が行われる場合も多い。また、以上二つの場合を含めて粉砕というときもある。

 原料の堅さによって、硬原料用と軟原料用に分類される。硬原料用としては、下方のすぼまったV字形破砕部をもつジョークラッシャーがある。V字形破砕部は小さい振幅で接近・離反を繰り返し、圧縮力で原料を粉砕する。互いに逆方向に回転する1対の円筒形ロールの間で原料を圧砕するロールクラッシャーは、硬軟両原料用に使用される。石炭のように比較的破砕されやすい原料には、多くの軟原料用クラッシャーが使用されている。

[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クラッシャー
〘名〙 (crusher) 鉱石、岩石などを適当な大きさに砕く機械。破砕機。粉砕機。
※セメント樽の中の手紙(1926)〈葉山嘉樹〉「私の恋人は破砕器(クラッシャー)へ石を入れることを仕事にしてゐました」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラッシャー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラッシャーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation