@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クラッシュ症候群【クラッシュショウコウグン】

デジタル大辞泉

クラッシュ‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【クラッシュ症候群】
交通事故や地震などの災害時に、建物の倒壊などで四肢の筋肉に長時間圧迫が加えられ、その圧迫から解放されたあとに起こる全身障害。壊死した細胞から大量の細胞内成分が漏出、高カリウム血症による褐色尿急性腎不全心不全などの症状を起こす。輸液療法血液透析などを行う。挫滅症候群クラッシュシンドローム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

クラッシュ症候群
四肢の筋肉が長時間圧迫を受け、その圧迫から解放されたあとに起こる全身障害。「挫滅(ざめつ)症候群」とも呼ばれる。圧迫によって壊した筋細胞内の物質が血中へ放出され、急性の腎不全、心不全などを引き起こし、死に至るケースもある。地震や事故などで家屋や車の下敷きになったり、がれきに挟まれたりして傷病を負った人に多発する。1940年のロンドン大空襲での報告例が最初とされ、日本では95年の阪神・淡路大震災で約370名以上の報告がなされたことを機に広く知られるようになった。その後、2005年のJR福知山線脱線事故でも発症例が報告されている。治療は輸液透析による対症療法となるが、18年に慶應義塾大学などの研究チームが筋肉の壊死で起こる腎障害の仕組みを解明したことにより、予防・治療薬の開発が期待されている。
(2018-1-16)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クラッシュ症候群
くらっしゅしょうこうぐん
crush syndrome

四肢の筋肉が持続的に長時間圧迫を受け(クラッシュ外傷)、圧迫解除後に起こる全身障害。四肢の局所の持続的圧迫による損傷で腎機能障害を伴う病態をクラッシュ外傷(圧挫(あつざ)損傷)として最初に報告したバイウォーターズEric Bywaters(1919―2003)にちなんでバイウォーターズ症候群ともいう。ほかに、圧迫症候群、圧挫症候群、挫滅症候群、挫傷症候群などともよばれる。日本では1995年(平成7)の阪神・淡路大震災の際に、倒壊した家屋の下敷きになったり、がれきに挟まれたりして傷病を負った人に多発したことで認知された。また、2005年(平成17)のJR福知山線脱線事故による負傷者についてもこの症状が問題となった。助け出され圧迫が解かれた際に、筋組織(骨格筋)が破壊され血中に大量のミオグロビンなどが放出されて横紋筋融解症を呈し、さらに急性腎(じん)不全を合併したり、高カリウム血症や脱水による循環不全などをきたしたりして死に至ることもある。ほかの原因としては、昏睡(こんすい)状態の持続や手術、ギプス固定のほか、ショックパンツ(下半身に装着して空気を送り込み、体幹に血液を集めて血圧を保持する器具)などの使用で特定の肢位を強いられること、同じ局所に持続して機械的刺激を受けることなどがあげられる。こうした場合、局所の発赤や腫脹(しゅちょう)および硬結、循環障害から筋肉や神経が侵され壊死(えし)に至る筋区画症候群(コンパートメント症候群)などを伴う。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

クラッシュ症候群(急性腎障害・急性腎臓病(急性腎不全))
(3)クラッシュ症候群(crush syndrome), crush-related AKI
 クラッシュ症候群(挫滅症候群)は筋肉挫滅による横紋筋融解が血中のミオグロビン濃度を増加させ,急性尿細管壊死(ATN)を起こし,AKIとなる病態である.横紋筋融解は外傷でも非外傷性筋障害で起こるが,特に災害時に建物などの崩壊によって横紋筋融解を起こすことが問題になる.もちろん,クラッシュ症候群はミオグロビンによるATIのほかに,低容量性ショック,敗血症,高カリウム血症,心不全,不整脈などの病態を含む症候群である.クラッシュ症候群は地震などの災害時に外傷性横紋筋融解を起こした患者の30~50%に,また,すべての外傷患者の2~5%に発症する.症状は筋肉の腫脹によるコンパートメント症候群である.激痛と筋力低下,感覚異常,麻痺が起こり,遠位部の脈を触知できないか,微弱となる.AKIが生ずるのは受傷後1~3週後であり,尿量の減少が起こる.回復期は多尿になる.循環血漿量低下,赤色・褐色尿,Scr上昇,CK上昇,高カリウム血症,尿量減少が症状として現れる.治療と予防は,循環血漿量低下を防ぐことが重要である.つまり,細胞外液輸液を積極的に行う必要がある.それも受傷直後から行う方が予後がよい.[飯野靖彦]
■文献
KDIGO Clinical Practice Guideline for AKI: Kidney Int, Suppl. 2:1-115, 2012.

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クラッシュ症候群
クラッシュしょうこうぐん
挫滅症候群」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラッシュ症候群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラッシュ症候群の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation