@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クラビウス

世界大百科事典 第2版

クラビウス【Christoph Clavius】
1537‐1612
ドイツ生れ,イタリアの数学者,天文学者。イエズス会の司祭ポルトガルコインブラ大学で学び,1565年コレージュ・ロマーノの数学の教授に就任。〈16世紀のユークリッド〉というあだ名がある。1574年,ユークリッドの《ストイケイア》のラテン語訳の校訂出版を行った。また,《サクロボスコ天球論注釈》(1581)を著した。さらに,ユリウス暦改暦に当たっては中心的な働きをし,グレゴリオ暦策定の原動力となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くらびうす【クラビウス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クラビウス
くらびうす
Christoph Clavius
(1537―1612)
ドイツの数学者、天文学者。ラテン名はドイツ名Klauから出たものと考えられる。イエズス派教団に属し、ローマ学院Collegium Romaumの教師であった。広く読まれた教科書『ユークリッド原論』Euclidis Elementorum Libri (1574)、『代数学』Algebra Christophori Clavii(1608)を残した。彼の『ユークリッド原論』は『原論』の忠実なラテン語訳ではなく、多くの注釈を参照し、また独自の創意も加えた新編集である。中国、明(みん)版『幾何原本』(1605)は、伝道者マテオ・リッチがこの最初の6巻を講義したものに基づく漢訳にほかならない。『代数学』は当時の未知数だけ記号化されたCoss代数を出ていないが、デカルトはここから出発して独自の新しい代数をつくった。なお、グレゴリウス13世のとき、それまでのユリウス暦にかわるグレゴリオ暦を提案し、1582年より実施された。[中村幸四郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラビウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラビウスの関連情報

関連キーワード

グィッチャルディーニパトモス島恩寵の巡礼ノルウェー文学パラグアイヘンリー(8世)幾何原本喜多院パシオパシオ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation