@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クラフトパルプ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クラフトパルプ
kraft pulp
化学パルプの一つ。木材を原料としてカセイソーダ硫化ソーダなどの混合した蒸煮液を用いてつくる。蒸煮液がアルカリ性なので,木部繊維質がそこなわれず,強靭なパルプができる。特に漂白しないものはきわめて強く,クラフト紙,重包装用にされ,漂白したさらしパルプは上質紙,板紙などとして使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クラフト‐パルプ(kraft pulp)
化学パルプの一。木材のチップを、水酸化ナトリウム硫化ナトリウム混合液で処理したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くらふとぱるぷ【クラフトパルプ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クラフトパルプ【kraft pulp】
化学パルプの一。主に針葉樹のチップを水酸化ナトリウムと硫化ナトリウムの混合液で処理して得られるパルプ。硫酸塩パルプ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クラフトパルプ
くらふとぱるぷ
kraft pulp
木材などを原料としてクラフト法で製造した化学パルプ。略称KP。強度は大きく、茶褐色で白色度が低く、やや漂白性であるが、多段漂白法の出現により大量の晒(さらし)クラフトパルプが生産されるようになった。クラフト法は、水酸化ナトリウムと硫化ナトリウムの混合液を蒸解薬液として、木材チップ等のセルロース原料を150~190℃で蒸解(煮てパルプ化すること)してパルプを製造する方法である。原料の種類によりパルプの収率は45~55%、パルプ製造の際に濃厚なパルプ廃液が大量に副生するが、硫酸ナトリウムを補給して濃縮し還元雰囲気中で燃焼することにより蒸解薬液が回収できるので、クラフト法を硫酸塩法(サルフェイト法)ともいう。その際パルプ工場で使う蒸気も電力も回収可能となり、燃料をほとんど購入する必要がなくなったため、経済的にも優れている。
 クラフト法では針葉樹材、広葉樹材の別なく広く各種原料をパルプ化できる利点がある。得られるパルプはペントサン(ペントースの重合体)の含有量が多くパルプ収率が高いため、得られる紙は強度があるが、欠点としては不透明度が低いことがある。この傾向はとくに広葉樹を原料とするパルプで顕著である。そのため、このパルプから印刷用紙を製造するときは、通常、炭酸カルシウムや陶土の填料(てんりょう)を多く添加して裏抜け(印刷文字が紙の裏に透けて見えること)を防ぐ。
 クラフトパルプは強度に優れるが、とくに針葉樹、それも未晒パルプにおいて著しい。そのため、このパルプでつくった紙(クラフト紙)はとくにセメントや米などの重量物を入れる重包装の紙袋製造に用いられる。[御田昭雄]
『紙パルプ技術協会編・刊『クラフトパルプ』(1996)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

クラフトパルプ
クラフトパルプ
kraft pulp

略称KP.化学パルプの一種.クラフト法(硫酸塩法ともいう)で得られたパルプ木材チップを水酸化ナトリウムと硫化ナトリウムからなる薬液で蒸解して,リグニンを中心とした非セルロース物質を分解・溶出させる.この段階で得られた暗褐色の未さらしパルプは多段の漂白を経て白色のさらしパルプとなる.クラフトパルプは亜硫酸パルプなどに比較して漂白性(パルプ漂白)に難があるが,強度的性質にすぐれており,化学パルプの大半を占めている.重袋用クラフト紙のほかに,広く上質紙,中質紙の製造に使用される.クラフトパルプ製造工程から排出される廃液は,濃縮,還元燃焼してエネルギーを得るとともに,蒸解薬品を回収・再利用している.[別用語参照]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラフトパルプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラフトパルプの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation