@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クラペイロン-クラウジウスの式【クラペイロンクラウジウスノシキ】

化学辞典 第2版

クラペイロン-クラウジウスの式
クラペイロンクラウジウスノシキ
Clapeyron-Clausius equation

蒸気圧と温度の関係を定量的に表す式.B.P.E. Clapeyron(1834年)とR. Clausius(クラウジウス)(1850年)によって導かれた.蒸気圧をp,絶対温度をTとすれば,もっとも一般的な形では,

で表される.ここで,ΔHは二つの相(液相と気相,固相と気相)のエンタルピー差,ΔVは同じ量の体積差である.液体を例にとれば,ΔHのかわりに蒸発熱 Le を用い,同量の液体と気体の体積をそれぞれ VLVV とすれば,

となり,近似的に,Le は温度に無関係の定数とみなし,かつ蒸気の体積に比して液体の体積を無視し,また蒸気を理想気体とみなして上式を積分すると,二つの温度 T1T2 における蒸気圧 p1p2 の関係は,次式で与えられる.

したがって,蒸気圧の対数を1/Tに対してプロットすると直線が得られ,その直線の傾斜は,- Le/Rに等しい.同様のことは固体の蒸気圧(昇華圧)に対してもいえる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラペイロン-クラウジウスの式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クラペイロン-クラウジウスの式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation