@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クランク機構【クランクきこう】

大辞林 第三版

クランクきこう【クランク機構】
往復運動を回転運動に、また回転運動を往復運動に変換するもの。内燃機関などの往復ピストン機械の基本的メカニズム。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クランクきこう【クランク機構 crank chain】
往復運動を回転運動に,あるいは回転運動を往復運動に変換するのに用いられるリンク装置。図1のような,4本の(リンクあるいはと呼ばれる)を結合した装置四節回転機構というが,リンクaを固定して,リンクbを回転させるとcおよびdは往復運動をする。このとき固定点(B)のまわりに360度回転するbをクランク,固定点(A)を中心として往復運動をするdをてこといい,このような機構てこクランク機構と呼ぶ。図2ではa,c両リンクとも固定点のまわりに360度回転するので二重クランク機構と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クランク機構
くらんくきこう
四節回転機構で最短リンクの隣のリンクを固定し、最短リンクに対するリンクを取り去り、固定リンクに対するリンクの一端を固定リンク上を滑るようにしたリンク装置。回転する最短リンクはクランクで、その円運動をする部分に連結されている連接棒の他端が固定リンク上を往復運動する。蒸気機関内燃機関などで、ピストンの往復運動をクランクにより回転運動に変える場合に使用されるのでピストンクランク機構ともいう。往復運動を回転運動に変える場合だけでなく、回転運動を往復運動に変える場合にも使われる、クランクの回転によりシリンダー内の空気をピストンの往復運動で圧縮する圧縮機などがその例である。[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クランク機構」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クランク機構の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation